HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

3D-CADファイルの拡張子

 

CADが標準的に使うファイル形式をネイティブファイルと呼びます。

 

ネイティブファイル同士で異なるCAD間でのファイル交換は原則不可能です。
(※詳しくは 3D-CADのファイル形式とファイル互換 で解説)

 

もし、他からCADデータを貰ったら、そのデータがどのようなファイル形式のデータであるのか見分けなければなりません。その見分け方はファイルに付いている拡張子です。

 

拡張子とは、ファイル名のうち、「.(ピリオド)」で区切られた右側にある英字の文字列のことです。
この拡張子を見て、そのファイルがネイティブファイルなのか、中間ファイルなのか見分けることができます。

 

中間ファイルの代表的なものは、IGES、STEP、PARASOLID、SAT、JT、VDA です。ファイル名の後にこれらの拡張子が付いていると中間ファイルであることが分かります。

 

次にネイティブファイルですが、CAD別に異なります。
送られてきたファイルの拡張子を見ると、どのCADで作ったのかある程度判別できます。

 

以下に機械用CAD(メカCAD)の主な拡張子をご紹介します。

 

 

3DCADの拡張子一覧

 

CADソフト名 拡張子
CATIA V1,V2,V3,V4 .model
CATIA V5 .CATPart(部品)、.CATProduct(アセンブリ)、.CATDrawing(図面)
Pro/ENGINEER(Creo Parametric) .prt(部品)、.asm(アセンブリ)、.drw(図面)
NX .prt
Unigraphics (UG) .prt
I-DEAS .idea
SolidWorks sldprt(部品)、.sldasm(アセンブリ)、.
Inventor .ipt(部品)、.iam(アセンブリ)、.idw(図面)

 

 

拡張子でどのCADのデータなのかある程度判別できますが注意が必要です。

 

例えば、Pro/ENGINEER と NX の部品ファイルの拡張子は同じ 「.prt 」です。
しかし、同じ拡張子であっても、CADが異なるためファイルを開くことができません。

 

同じ拡張子なのに、ファイルが開けなかった場合、そのCADファイルをメモ帳やワードパット等のソフトウェアでCADファイルを開いてみます。すると、CADの名前や社名が入っていたりしますのでどのCADで作ったデータなのか判別できることがあります。

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク