HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

解析実行

ここまでにおいて説明した応力解析についての流れをまとめます。

 

<応力解析の流れ>

 

1.解析のモデルを準備する
2.材料を設定する
3.メッシュを作成する
4.拘束条件(固定方法)を定義する
5.荷重条件を定義する

 

上記の設定が完了したら、必ず設定を再確認します。解析は電卓と同じであり、間違った入力をすれば間違った答えを出します。1+1と入力したつもりが、1+2と入力していたということもしばしばあります。間違った結果で評価すると迷宮入りしてしまいます。

 

間違いを防止するためにも、再確認することがとても重要です。また、簡単なチェックリストを作ると良いでしょう。

 

  • 材料設定は間違っていないか
  • 単位系は間違っていないか
  • 拘束条件は間違っていないか
  • 拘束条件は不足していないか
  • 荷重の方向は間違っていないか

 

解析実行のために、解析名を決めます。後から見直すことを考慮して、どのような解析なのかわかりやすい名前にしておきます。そして、解析の種類を選択します。応力解析の場合、一般的には「静解析」を選択します。

 

次に応力解析の場合、「拘束条件」と「荷重条件」を指定します。「拘束条件」や「荷重条件」は複数作成することができます。複数存在する場合は、解析実行時に使う条件を選択します。

 

全ての条件の設定が完了すると、解析を実行します。

 

 

「CAE解析を使いこなせない。。。」
「正しく解析条件の設定を行うことができない。。」
「解析で得られた応力の意味が理解できていない。。」
「出てきた値が本当に正しいのか分からない!」
「主応力、ミーゼス応力? どのように使い分けるの?」


という声をよく聴きます。
あなたもこのような悩みをお持ちではないでしょうか?
これらの悩みをスッキリ解決したいと思いませんか?



最近では、コンピューターの性能向上と共に、
設計現場で当たり前のようにCAE解析ソフトの活用が進んでいますが、
上手に活用できていない場面によく出会います。



CAE解析を行うことは、3D設計で最大のメリットですが、
CAE解析ソフトを上手に活用するためには【材料力学】の知識が必須となります。
ですが、この材料力学の知識が不足している方がとても多いです。



私たちは、CAE解析ソフトの導入支援を10年以上実施しています。
その中には、材料力学の知識が0に近い設計者の方もいらっしゃいますが、
材料力学の学習をすることで、CAEをうまく使いこなせています。



また、そのような
「材料力学の知識の強化」を目的とした
座学の開催実績も多数ございます。



その教育ノウハウを、Eラーニングとして提供しています。


 ・【5つの力に対する応力の求め方】が明確になる
 ・手計算で【様々な形状の強度】を求めることができるようになる
 ・求めた【応力の評価方法】が理解できるようになる
 ・解析で得られた【結果を正しく評価】できるようになる
 ・【3次元や組み合わせ応力】が理解できるようになる
 ・高機能なCAEツールから出力される情報の判断の仕方がわかるようになる



 難解な材料力学を『動画』でやさしく理解して、
 マスターしたい方はこちらから ⇒ 強度設計入門講座

 

 

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク