HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

解析実行

ここまでにおいて説明した応力解析についての流れをまとめます。

 

<応力解析の流れ>

 

1.解析のモデルを準備する
2.材料を設定する
3.メッシュを作成する
4.拘束条件(固定方法)を定義する
5.荷重条件を定義する

 

上記の設定が完了したら、必ず設定を再確認します。解析は電卓と同じであり、間違った入力をすれば間違った答えを出します。1+1と入力したつもりが、1+2と入力していたということもしばしばあります。間違った結果で評価すると迷宮入りしてしまいます。

 

間違いを防止するためにも、再確認することがとても重要です。また、簡単なチェックリストを作ると良いでしょう。

 

  • 材料設定は間違っていないか
  • 単位系は間違っていないか
  • 拘束条件は間違っていないか
  • 拘束条件は不足していないか
  • 荷重の方向は間違っていないか

 

解析実行のために、解析名を決めます。後から見直すことを考慮して、どのような解析なのかわかりやすい名前にしておきます。そして、解析の種類を選択します。応力解析の場合、一般的には「静解析」を選択します。

 

次に応力解析の場合、「拘束条件」と「荷重条件」を指定します。「拘束条件」や「荷重条件」は複数作成することができます。複数存在する場合は、解析実行時に使う条件を選択します。

 

全ての条件の設定が完了すると、解析を実行します。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク