HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

20代で転職するならタイミングが大切

新卒で入社したうち3人に1人は、3年以内で退職してしまいます。しかし、スキルや知識も十分に身についていないため、条件のいい転職先を見つけるのに苦労します。

 

そんな状況を避けるためにも、20代の転職で大切なのが「タイミング」です。いつ転職しても同じというわけではなく、働いた期間によりスキルや知識も変わり、転職先からの評価も変わってきます。

 

本日は、転職のタイミングを比べながら、20代の転職を成功させる秘訣を紹介します。

 

就職1年目で転職は厳しい

 

新卒で入社した会社が自分の思っていた場所とは違うと感じ、退職をする人が多いのが1年目です。特にメーカーの場合は、最初の一年目は現場実習に回されることが多く、工場で働くために入社したのではないと思う人も多いのではないでしょうか。

 

企業から説明される理由も、現場を知らなければ設計はできないというもので、設計業務をするために入社した人では理解できないこともあるでしょう。

 

1年で退職し、転職するとなると現状はとても難しいでしょう。扱いとしては、第二新卒になります。実績や経験がなく転職先を探すのに苦労します。また、新卒で入った会社を1年で辞めてしまった理由を聞かれます。会社によっては、継続できない人間と評価する会社もあるでしょう。そのため、1年での退職でキャリアアップを目指すのはおすすめできません。

 

思っていた仕事と違うと感じないようにするためには、できるだけ面接時に質問することと、自分が何を重視して会社選びをするのかはっきりとさせておく必要があります。また、100%満足できる会社はほとんど見つかりませんし、時間が経たないと仕事も任せてもらえません。最初の1年で辞めるよりはもう少し働いて様子を見るのもいいでしょう。

 

就職3年目から有利

 

1年目の転職は厳しいとお伝えしました。最低でも3年の経験があると転職先に幅が広がります。3年目というのは、現場実習をおこない、CADを使ったり、お客さんと打ち合わせをしたり、設計の知識や社内の動きを徐々に把握してくるころです。

 

最低でも3年は働け」と言われているのには、このような理由があります。採用する側としても、3年間働いた実績を評価しますので、大手企業への転職の可能性もでてくるでしょう。環境に不満がなければ、大きな仕事を任されるまで頑張ったほうが多くの経験ができ、後々転職に有利になります。

 

理想はマネージャーを経験してから転職

 

20代の転職で一番有利なのは、20代後半での転職です。特に4大卒で入社した場合、20代後半となれば5年以上の経験を持っていることになります。

 

製品に対する知識や設計全体に関する知識もつき、周りのお客さんや社内からも徐々に信頼を集めます。また、早い人であればプロジェクトのリーダーにもなりチームの進捗管理の能力も求められます。

 

ある程度のことは自分で判断でき、仕事を任せることができる人材として、転職市場では価値があがります。年齢も20代ということであれば、この先20年、30年と活躍してくれることを考えると、採用者側からすれば魅力ある人材です。中小企業で働いていれば、取引先からヘッドハンティングを受けることもあります。

 

まとめ

転職をする理由は様々ですが、タイミングはとても大切です。特に20代後半となれば転職市場では価値がある時期なので、転職を希望しているなら挑戦してみてはどうでしょうか。

 

逆にエンジニア1年目の転職は転職先も少なく、新卒と同じような扱いを受けます。現場実習に耐えれずやめたとしても、転職先でも同じように現場実習をする可能性も高いです。

 

設計をしたいという思いで入社したのであれば、設計の仕事を一通り学んでから転職したほうが、希望する会社が見つかりやすくなります。

 





20代で転職するならタイミングが大切

新卒で入社したうち3人に1人は、3年以内で退職してしまいます。しかし、スキルや知識も十分に身についていないため、条件のいい転職先を見つけるのに苦労します。そんな状況を避けるためにも、20代の転職で大切なのが「タイミング」です。いつ転職しても同じというわけではなく、働いた期間によりスキルや知識も変わり...

≫続きを読む

30代で転職するならフ?ロジェクトリーダーとしての実績が重要

本日は、30代で転職を成功させるための秘訣について紹介します。機械設計エンジニアが30代に転職活動をすると、「いくつもの会社から内定をもらう人」と、「全く内定をもらえない人」の2パターンに分かれます。それぞれ面接でのアピールのうまさが関係しているところもありますが、それ以上に社内での経歴や実績が関係...

≫続きを読む

40代の転職に求められる能力と転職のコツ

40代での転職は、20代や30代に比べるとハードルが高いのが現状です。日系企業は、人材を若いうちから自社で育てるという意識が強いので、どうしても採用の軸は年齢の低い人材に向いてしまいます。しかし、40代は全く需要がないかといえばそういうわけでもありません。実際に、転職に成功している人たちも見てきまし...

≫続きを読む

転職できないエンジニアと転職できるエンジニアの違い

仕事を辞める辞めると言いながらも、辞めない人は周りにいませんか?このような人は、転職に向いていません。逆に転職する人は、すぐに行動に移します。このように、転職をするという意思は同じにも関わらず、二つのタイプに分けられます。今回は、転職できるエンジニアの条件をご紹介します。転職できるエンジニアは、転職...

≫続きを読む

転職で収入はあがる?収入アップを狙う2つの方法

機械設計エンジニアが収入アップを狙う方法を紹介します。結論として、収入を上げるためには、「今の会社で実績を出す」か、「転職する」かの2つの方法しかありません。今回は、社内での収入の上げ方に加え、日系と外資系に転職して収入があがるのか紹介します。社内で実績をあげる収入アップを目指す上で最初にできること...

≫続きを読む

中小企業から大手に転職する3つの限られた方法

「大手に転職してキャリアップしたい」「自分の技術をもっと高いレベルで試したい」「上流工程で仕事をしてみたい」機械設計エンジニアでこのように考えている人も多いのではないでしょうか?大手に行けば、給料だけではなく待遇や福利厚生がよくなります。また、上流工程で働くことは一つの憧れかもしれません。今回は、中...

≫続きを読む