HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

転職のタイミングはいつか?3パターン紹介

突然ですが、適切な転職のタイミングについて考えたことはありますか?

 

実は、思い立った時に転職をするよりも、転職のタイミングを見計らうほうが転職の成功率があがります。

 

本日は、転職に丁度良いタイミングを3パターン紹介しますので、転職の参考にしてみてください。

 

1.最初のタイミングは3年目
石の上にも三年という諺があるくらい、3年間働くというのは日本のステータスになっています。3年という期間には理由があります。一般的に、1年目は現場実習、2年目に仕事を覚えてきて、3年目にある程度一人でできるようになるというサイクルがあります。

 

企業の大きさにもよりますが、1年目から設計に配属されることはほとんどありません。企業によっては、3年間は他の部署で働いてから設計に配属ということもあります。それだけ設計をする前に覚えなければいけないことがあるということです。

 

2年目から設計に配属されると、CADで図面にすることから始まります。設計の基本中の基本の業務です。この他にも、社内の流れを把握するために手配の出し方や承認図の書き方、図面の整理、など雑務を担当することになります。

 

3年目からやっと設計業務に関わっていきます。新しい機構を採用する場合は、構想設計からおこなったり、お客さんとの打ち合わせにでたり、徐々にプロジェクト全体に関わっていきます。

 

1年や、2年で辞めても実務経験がほとんどないため、転職先でも現場実習をして基礎をやってということになりかねません。ある程度一人でできる範囲が増える3年という期間が最低でも必要です。もし時間に余裕があるなら、プロジェクトリーダーを目指せる5年目くらいまでは待ったほうがいいでしょう。

 

2.信頼され始める5年目
5年間設計業務をおこなっていれば、設計に関わる一通りの仕事には関わっており、早い人であればプロジェクトマネージャーになりプロジェクト管理に関わっているでしょう。仕事の全体のスケジュールを把握し、他の部署やお客さんと調整をおこなったり、部下に仕事を割りふったりできる能力があります。

 

年齢も30歳前後とスキルと知識がつき周りから信頼を集め始める時期です。年齢も30歳とまだ若く、転職を一番しやすい年齢です。ただ、気をつけなければいけないのは、5年目というよりも、自分の実力が大切ということです。4年目でも、上記のようなプロジェクト管理までおこなっているのであれば、いい転職先が見つかる可能性が高くなります。逆に5年目でも、CADばかりいじっており仕事を任されていないと転職先を見つけるのは大変でしょう。

 

3.マネージャークラスの10年目
30代後半で、役職についている人たちです。転職は、基本的に30歳が目安と言われていますので、30代後半となると求人が減ります。そんな30代後半の転職では、実力も大切ですが役職についているかどうかもポイントです。というのも、30代後半の求人というのは管理職レベルの人材が求められているからです。企業からすれば、役職経験のない人よりも役職経験がある人にきてもらいたいと思うのが本音です。年齢が40歳や50際になるとよりレベルの高い人材が求められ、さらに求人数は減ります。転職を考えているのであれば、10年目あたりを目処にしておきましょう。

 

4.まとめ
転職に丁度良いタイミングを3パターン紹介しました。まだ、就労経験が長くない人は、「とりあえずの3年間」で実力をつけるのがいいかもしれません。5年目や10年目の人は、自分のタイミングで転職活動をすればいいでしょう。実績のある人は、転職エージェントから直接連絡があることもあります。

 

以上のことを踏まえ、転職活動する参考にしてみてください。