HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

転造とは

転造とは、「転がして造る」と書くように、材料となる「棒状のワーク」 を 「ダイス」と呼ばれるまるい工具に強い力で挟み込み盛り上げて成形する加工方法のことです。

 

下図のように、2つのダイスにより、材料となるワークを中心側へ押し付け、ダイスを回転させることで成形します。ワークはダイスとは反対方向に回転します。

 

 

製品の表面には、ダイスの形状が転造されることになります。従って、ダイスは加工したい形状のダイスが必要になってきます。

 

転造でつくられる製品は、材料が圧縮されているため、強度が強いというメリットがあります。
そのような特徴を活かして、転造は下記のような強度を必要とする部品の加工で利用されています。

 

・ねじ
・歯車
・ローレット
・スプライン
など

 

<解説>

ねじには、「転造ねじ」と「切削ねじ」があります。
一般的に市販されているねじは転造ねじです。転造ねじの場合、材料を塑性変形させることで成形するため、強度が強くなるというメリットがあります。
一方、切削ねじは、加工しやすいため、さまざまな形状のねじが作れるというメリットがあります。

 

<転造の参考動画>

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク