HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

熱量とは

私たちが身近に接する熱は高い温度から低い温度に移動する性質があります。例えば、冷たい水が入ったヤカンをストーブで熱すると温度が上昇します。このように、物体間で熱として移動するエネルギー量のことを 「熱量」 といいます。

 

例えば、水1kgを1K (=1℃)上昇させるのに必要な熱量は 1kcal(カロリー) です。

 

この熱量は物体の温度変化以外に、物体の質量によっても変わります。

 

例えば、10kgの水を熱して、20℃から80℃にしたときの水の熱量Qは、

 

熱量Q = 水の質量(kg)×温度変化(℃) = 10 × 60 = 600 kcal

となります。

 

熱量の単位 カロリー [kcal] は、以前に使われていた単位です。現在では ジュール [J] が使われます。
単位換算する場合、1kcal = 4186 J となります。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク