HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

歯車の表し方

歯車も先ほど解説した「ばね」と同様に一般的に市販品を利用することで対応できるのが良いですが、仕様を満足できない場合は個別で設計することになります。

 

歯車には以下に示すように様々な種類のものがあります。
下表に示す歯車はタイプ別に「平行軸」・「公差軸」・「食い違い軸」の3つに分類されます。

 

 

 

 

歯車の種類

 

平歯車

はすば歯車

やまば歯車

すぐばかさ歯車

まがりばかさ歯車

ハイポイドギヤ

ウォームギヤ

ラックとピニオン

 

(※歯の形は「サイクロイド」と「インボリュート」の2種類が基本的な形状です。)

 

 

歯車の表記方法

 

歯車を図面に表記する場合、歯先の円は太い実線で表記、ピッチ円は一点鎖線で表記します。
ピッチ円とは、2つの歯車の接点が描く円です。

 

 

その他の仕様は、要目表に記載します。
要目表には、歯形、モジュール、圧力角などの情報を記載します。

 

 

平歯車の図面の記載例

 

 

・モジュールとは
 モジュール m は、ピッチ円の直径 ÷ 歯数 で求めることができます。
 モジュールは歯の大きさの指標であり、値が大きいほど歯の大きさが大きくなります。

 

・圧力角とは
 歯車の歯面上のある点で、この点を通る半径線と歯形の接線とがなす角のことです。
 歯車が回転を伝達させる時に働く力の角度となります。
 一般的には、20 と決められています。

 

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク