HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

はめあいとは

 

「はめあい」 とは 軸と穴の組み合わせ の関係のことです。

 

「はめあい」 には以下の3つの種類があります。

 

・すきまばめ
・しまりばめ
・中間ばめ

 

穴の寸法が軸の寸法より大きい時の差を すきま といいます。

 

軸 > 穴

 

 

穴の寸法が軸の寸法より小さい時の差を しめしろ といいます。

 

軸 < 穴

 

 

軸と穴をはめる場合に、
はめた後に脱着を行ったりスライドさせたりする場合は、すきま のある すきまばめ にします。

 

一旦はめ込んだ後は固定して分解することがない場合は、しめしろのある しまりばめ にします。
中間的な状態が 中間ばめ です。

 

すきまばめ

 

軸と穴の間に すきま があるはめあいを 「すきまばめ」 といいます。

 

すきまにはバラツキがあり、
穴の最小許容寸法から軸の最大許容寸法を引いた値を 「最小すきま」
穴の最大許容寸法から軸の最小許容寸法を引いた値を 「最大すきま」 といいます。

 

 

軸と穴が組み合わさってスライドや回転運動をさせたり、取り外しが可能な場合に すきまばめ が適用されます。

 

※最大許容寸法とは、物を加工した際にかならずバラツキが発生し、そのバラツキの最大値のことです。最小許容寸法はその逆です。

 

 

しまりばめ

 

軸と穴の間に すきま がなく、必ず しめしろ がある状態を 「しまりばめ」 といいます。
穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が大きい場合となります。

 

穴の最小許容寸法から軸の最大許容寸法を引いた値を 「最大しめしろ」
穴の最大許容寸法から軸の最小許容寸法を引いた値を 「最小しめしろ」 といいます。

 

 

しめしろがあるため、一度組み付けると原則分解することができません。

 

中間ばめ

 

穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が小さく、穴の最大許容寸法より軸の最小許容寸法が大きいという 相反する条件が中間ばめ です。従って、実物はすきまができたり、しめしろができたりします。

 

はめあい公差

 

軸と穴のはめあいの度合いを示したものを 「はめあい公差」 といいます。

 

JISによると はめ合い公差 によってすきまが出来たり、出来なかったりします。
はめあいは穴径を基準にする方が良いとされています。理由は穴加工の方が軸加工より難しいためです。

 

はめあい公差には軸基準 と 穴基準 があります。
一般的には穴基準で選定して、軸のはめあい(すきまばめ や しまりばめ)を調整します。
また、穴基準はアルファベットの大文字 軸基準はアルファベットの小文字で表記します。

 

穴基準の場合は穴径が大きい順にアルファベットの大文字で A から始まります。基準寸法と一致するのがHです。基準寸法と一致して分かりやすいため H は良く使われます。H以降は基準寸法より穴が小さくなります。ZCまでの28種類の記号が定められています。

 

 

 

軸基準の場合は、軸径が小さい順にアルフアベットの小文字の a から始まります。穴と同様にhで基準寸法と一致します。

 

 

 

はめあいの表記方法

 

はめあいの表記方法の一例を説明します。
例えば、直径40mm の穴 寸法公差 H8 とすると、図面には次のように表記します。

 

Φ40 H8

 

Φ40 :穴の直径
H :穴の公差域
8 :等級

 

H8  の公差はJISに定められている「はめあい公差」の表で調べることができます。
下表から 最小許容寸法 0  最大許容寸法 +0.039 となります。

 

 

また、直径40mmの軸で寸法公差をf7 とすると図面には次のように表記します。

 

Φ40f7

 

f7 は以下の表から 最小許容寸法 -0.050 最大許容寸法 -0.025 となります。

 

 

この例では、穴と軸の公差の関係で必ず「すきま」が発生します。
すきまが発生するので「すきまばめ」になります。

 

その他の公差表はこちらよりをご覧ください。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク