HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

断面図の表し方

 

部品の内側に形状が存在する場合、隠れ線を用いて表現します。
しかし、図のように内部の構造が複雑になると隠れ線だけで表現すると非常に分かり難い図面となります。このような場合に部品を切断して断面図を用いると分かりやすい図面を描けます。

 

 

 

 

断面図は切断位置の手前を取り除いて作成します。

 

 

 

 

そして、切断された領域部の線を抽出して2次元にします。すると、下図のような断面形状となります。
断面には必要の応じてハッチングを入れます。(必須ではない) ハッチングは主な中心線に対して45°にするのが良いとされています。
そして、形状の後ろにある外形線を入れます。

 

 

 

 

切断線について

 

断面図はどこで切断したのか分かるようにしなければなりません。部品の切断した位置を示すのが 「切断線」 です。先ほどのバルブボディーの断面図の場合、切断線は不要です。中心で切断した場合、切断位置を示さなくてもわかるからです。

 

しかし、下図の形状の場合、切断線がなければどこで切断したのか分かりません。このようなケースで切断線を用います。

 

 

断面線は 細い一点鎖線 を用いて指示します。
切断線の両端及び折れ曲がり部は太線にします。

 

両端には 投影方向を示す矢印 を入れて、識別文字( A ) を図のように入れます。

 

断面には、切断位置を示す 識別文字( A-A ) を断面の上部または下部に入れて、どの位置で切断したのか分かるように明記します。

 

 

ハッチング

 

断面の切り口は、必要に応じてハッチングを入れます。同じ部品の断面は同じハッチングの様式とします。

 

 

組図のように複数の部品が組み合わさる場合、隣接する断面のハッチングはハッチングの間隔や傾斜角度を変えて識別させます。

 

 

但し、ハッチングは必須ではありません。部品によってはハッチングを入れると分かり難くなる場合があるため、機械設計ではハッチングを入れない断面図を採用している企業も多いようです。

 

 

 

 

片側断面図

 

左右対称形の部品は、外形図の半分と全断面図の半分を組み合わせて表すことが出来ます。

 

 

断面にしてはならないもの

 

組立図のように複数の部品が一緒になった図面の断面図では、切断すると分かり難くなるものがあります。
ボルト・ナットやワッシャ、ピン類などは断面にせず、そのまま作図します。

 

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク