HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

図面の尺度

図面を描く際には、決まった図枠サイズ内に対象物を収める必要があります。

 

そのため、大きな対象物は縮小して作図、小さな対象物は拡大して作図することになります。

 

例えば、建設機械の大型の外装部品は、最も大きなA0サイズの図枠にも収めることはできません。
当然、実物を縮小して表現することになります。

 

 

 

 

拡大、縮小する尺度の種別は以下の3種類となります。

 

・現尺
・倍尺
・縮尺

 

現尺は、実物と同じ大きさで作図します。
倍尺は、実物より大きく作図します。小さな部品等を見やすく表現するために用います。
縮尺は、実物より小さく作図します。

 

原則として、実物と同じ大きさである現尺を用いるのがベストです。
図面と全く同じ大きさなので見る人もイメージが湧きやすく、読み違いを防止できます。

 

現尺だと図面に入らなかったり、小さすぎる場合に倍尺や縮尺を用います。
倍尺や縮尺を用いる場合、その値がJISにより規定されています。原則、以下の表に示す尺度を利用します。

 

 

種別

尺度 JIS Z 8312

現尺

1:1

倍尺(1)

2:1、5:1、10:1、20:1、50:1

倍尺(2)

√2:1 2.5√2:1 100:1

縮尺(1)

1:2、(1:3)、(1:4)、1:5、1:10、1:20、1:50

縮尺(2)

1:√2 1:2.5 1:2√2 1:3 1:4 1:5√2 1:25 1:250

 

2:1 とは 2/1 のことです。従って実物の2倍の大きさで作図されているということです。

 

以前は2/1のように分数表記でしたが、ISO規格となり2:1という表記に変更されました。
尺度は原則、上表の24種類から選択することになります。

 

 

実例

 

例えば1:50 の尺度の図面は、実際の長さを1/50にします。
実物高さ2mのフォークリフトの場合、1:50 で表現すると、

 

 

2000 X 1/50 = 40 mm
 (2m = 2000mm)

 

図面では高さ寸法を 40 mm で表現することができます。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク