HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

図面の投影法(第三角法)

 

図面は3次元の対象物を2次元に表現したものです。

 

3次元の対象物を2次元に表現する場合、立体をある平面に投影することになります。
投影とは光をある方向からあてた時の影です。影が映し出された面を 投影面 といいます。

 

図面は投影を使って描かれます。
そして、投影の仕方には主に2つの種類があります。

 

図面はヨーロッパを中心として発達し、モンジュの画法幾何学の理論を元に第一角法という投影法を発明しました。

 

一方、日本やアメリカでは一角法よりも分かりやすい第三角法を使います。日本のJISの製図法においても第三角法を用いることと規定しています。

 

 

第三角法とは

 

3次元の対象物は1つの投影面だけで表現することはできません。
対象物は3次元なので最低でも2つ以上の投影面に投影させなければ形状を把握できません。

 

図のように2つの投影面を直交させて4つのゾーンを作ります。

 

第1角のゾーンに対象物をおいて、直交する平面に投影して図面を書く方法を、「第一角法」といい、
第3角のゾーンに対象物をおいて図面を書く方法を「第三角法」と呼びます。

 

 

例えば、以下のような3次元の対象物を第3角のゾーンにおいて投影するとAからFの平面に展開することができます。

 

 

言葉の説明だけですと分かり難いため下記の動画を参考にしてください。

 

 

第三角法のマーク

 

図面は採用した投影法が分かるようにマークを記載するルールとなっています。

 

日本ではJISで第三角法を採用して作図することになっているため、下図のマークを図枠内に記入する必要があります。このマークが図枠内にあると、図面の読み手は第三角法で描かれていると判別できます。

 

 

ヨーロッパはISO規格(国際標準化機構)により、第一角法を採用しています。
ヨーロッパの図面を読む時は、マークに注意して読む必要があります。

 

  第1角法のマーク

 

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク