HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

図面の必要性

 

「なぜ、図面が必要なのか?」
と思ったことはないでしょうか。実はこのような本質的な質問はとても重要となります。

 

現在では、3D-CADや3Dプリンターがあれば、2次元の図面がなくても製品を作れる時代となりました。しかし、まだまだその利用範囲は限定されているのが現状です。

 

 

図面は「情報の伝達」のために必要となります。

 

 

丸や三角のような単純な形状であれば、口頭で伝えることは可能かもしれませんが、実際の製品形状を正確に伝えることは口頭では無理がありますよね。フリーハンドによる手書きの図面であっても表現に限界があります。

 

 

そこで、お互いに正確な形状を伝えるために図面が必要となります。
また、図面があればさまざまな情報を共有することができるようになります。

 

 

図面には共通の書き方(ルール)が存在します。それは、ルールがなくそれぞれが勝手に作成するとズレが生じてしまうからです。図面の書き方(ルール)については、日本工業規格(JIS)の製図法で規定されています。

 

日本工業規格(JIS)の製図法の規定に従って作成された図面であれば、共通認識できます。

 

 

図面を証拠として残す

 

図面にはもう一つの重要な役割があります。

 

 

それは設計に関わる人同士が確認した「証拠」という役割です。

 

 

図面には、最終的に決定したさまざまな設計情報が残ります。決定事項を証拠として残すことは非常に重要です。

 

 

一般的に図面の右下あたりに承認欄あり、誰がその図面をチェックしたのか、誰がその図面を承認したのか分かるようになっています。

 

 

図面のチェックや承認を行うのはベテランの設計者です。ベテラン設計者のチェック及び承認によって図面の品質が保たれます。

 

 

承認欄には作成者、検図者、承認者の印鑑を押すのが慣例です。

 

 

 

図面に変更が発生した場合も同じような手順を踏みます。
図面内にある変更事項欄に変更内容と変更した日付、変更者の氏名を記入することになります。

 

 

 

 

図面は承認欄に印鑑が押された状態をもって完成となります。

 

 

押印がされた図面は 「これで制作しても良いですよ」 という正式な契約書のようなものです。
従って、印鑑のない図面は正式なものではありません。印鑑が押されて初めて正式なものとして社外などへ出図ができます。

 

 

また、正式でない図面を社外へ出図することもあります。その場合は、必ず正式でないことが分かるように図面内に大きく記載します。

 

 

例えば、業者に完成前の図面を出図して意見をもらいたい場合などです。このような場合は、図面内に 「検討用図面」 と記載して、後に正式な図面と間違わないようにすることです。

 

 

以上のように、図面は「設計情報の伝達する」、「作成した履歴を保存する」という重要な役割を持っています。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク