HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

機械設計の基礎を学ぶ記事一覧

設計者になるにあたっての心構え

はじめにこのカテゴリでは、「機械設計に必要な知識の全体像」をお伝えします。初めから具体的な設計方法について学ぶよりも、先に全体像を理解する方が効率的に学ぶことができるため、このカテゴリでは解説していません。ですので、まずは全体像を把握した上で、進んでいきましょう。そうすることで理解が深まり、具体につ...

≫続きを読む

機械設計に必要な知識と勉強法

機械設計の種類はさまざまです。精密部品のような小さな設計から工場設備のような巨大な設計、一品物の特注設計から大量生産品の設計など。しかし、必要となる知識は基本的にどれも同じです。以下基礎知識を学ぶことで、製品設計のベースを身につけてください。まず、学問的には 「機械工学の4大力学」を押さえる必要があ...

≫続きを読む

機械設計に資格は必要か?

機械設計に資格は必要?「私はこれから設計者を目指して機械設計技術者の資格を取ります」 という方がいます。就職で機械設計の資格が有利になるかどうかは分かりませんが、私の周囲にいる設計者でこの資格も持っている方は殆どいません。また、CAD利用技術者試験というものがありますが、この資格を持っているCADオ...

≫続きを読む

設計者へのステップ

一人前の設計者になるためには 「知識」 と 「経験」 が必要です。これはどのような職業でも同じですが、経験を積む過程で多くの失敗を経験します。そして、その失敗が経験となり一人前の設計者として育っていきます。製造業の設計部門や設計会社に入社すると、まず任される仕事が製図です。一般的にはトレーサーと呼ば...

≫続きを読む

機械設計のプロセス

商品の企画から販売に至るまでの機械設計の全体プロセスは、以下のようになります。設計という視点だけですと、「構想設計」・「基本設計」・「詳細設計」の大きく3つのプロセスに分かれます。また、それぞれの設計が完了した後にはDR(デザインレビュー)とよばれる設計結果の審査が行われます。上図の機械設計プロセス...

≫続きを読む

企画作成及び構想設計

新しい製品を設計・開発するにあたり、まず行われるのが企画の作成です。大企業であれば 「商品企画部」 という部署があり、企画の専門家がマーケットのニーズを調査、消費者のニーズを把握、競合となる他社の状況を調査・分析、関連する特許の調査などを行い、対象となる顧客ニーズにマッチした商品コンセプトを練り上げ...

≫続きを読む

基本設計および詳細設計

基本設計構想設計で概略の仕様が決定すると、次は基本設計です。基本設計では、構造を具体化させるために、CADを使って設計を進めていきます。デザインが入る部品であれば、デザインから構造に必要なスペースが決まります。決められたスペース内で、各部品の設計を行います。部品の具体的な寸法を決めたり、部品のつなぎ...

≫続きを読む

試作及び評価試験

詳細設計が完了すると、設計した図面を元に試作品を製作します。試作品とは試作品は 「プロトタイプ」 とも呼ばれ、量産する前に評価試験を行うために製作されます。設計の仕様どおりに出来ているか確認するためのものです。試作品に対して量産品という言葉があります。量産品は実際の製造ラインで生産されたものを指しま...

≫続きを読む

QCDとは

アイディアを形にする際に、求められるテーマとしてQCDというものがあります。あなたが開発や設計の部署に配属されると、常にこの3つの要素が設計業務で欠かせないものであることに気づきます。QCDとは、 Q Quality(品質) C Cost(コスト) D Delivery(納期)  の頭文字のことです...

≫続きを読む

最後に・・設計とは

機械設計の基礎というタイトルで設計者に必要な知識を解説してきましたが、とても多くのことを学ぶ必要があると感じられた方もいると思います。しかし、あなたがやるべきことはとてもシンプルです。それは、「製品を使う人の気持ちになって、アイディアを形にしていく」ということです。 そして、そのために必要な知識を必...

≫続きを読む

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク