HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

設計者になるにあたっての心構え

はじめに

 

このカテゴリでは、「機械設計に必要な知識の全体像」をお伝えします。初めから具体的な設計方法について学ぶよりも、先に全体像を理解する方が効率的に学ぶことができるため、このカテゴリでは解説していません。

 

ですので、まずは全体像を把握した上で、進んでいきましょう。そうすることで理解が深まり、具体についても実行に移せる可能性が高まります。

 

また「具体的な設計方法」については別カテゴリで解説いたします。

 

機械設計を学習するのに、全体像を理解しておくことは非常に重要です。機械設計は非常に広範囲となるため、全体を理解した上で学習計画を立てるとより効果的に学習が進むはずです。

 

 

設計とは

 

さて、早速ですが、機械設計についての全体像の話を進めていきましょう。

 

あなたは設計と聞いて何をイメージされるでしょうか?

 

Wikiには「必要とする機能を具現化し検討した結果を建築物や工業製品、情報システム等を造るために仕様(設計図書)や設計図・設計書等を作る作業である。」と書かれています。

 

つまり言い換えると、設計とは 「アイディアを形にすること」です。「アイディアを形にして、世の中が必要としている製品を作ること」が設計者にとって最も重要な役目となります。

 

アイディアを形にする

 

 

 

設計者になるために

 

機械設計は机上の学習のみで習得できるものではありません。実際に現場で設計業務を行うことで徐々に身につけて行くものです。実務経験を行うことでさまざまな知識を習得することができます。

 

私が設計を行っていた頃、満足のいく機能を実現させるために、まだ世に実績のない新しい製造方法にチャレンジしたことがあります。その時は、実際の設計業務の中で知識も一緒に学んでいきました。

 

金型や加工などの知識については、設計者になって後に身につけました。また、会社から必要とされる資格については実務で経験しながら取得しました。

 

さらに、実務経験と知識を活かして特許申請や実用新案などを出すこともできるようになりました。これは現場で実務経験を積んだおかげであり、机上の学習のみでは決して達成することはできませんでした。

 

知識は設計の力」となります。設計について勉強することは良いことです。しかし、知識を身につけただけでは設計は出来ません。実際に身につけた知識を活用して設計してみることです。つまり、「勉強してから設計者になる」ではなく、設計初心者の頃からはじめて、実務を通して知識を身に付けることをお薦めします。

 

 

設計に必要な知識

 

設計するためにはさまざまな知識が必要となります。これらの知識は工業大学などで学ぶ機械工学がベースとなります。しかし、機械工学を学んでいないから設計できないと心配する必要はありません。実際の設計現場では文系出身の方や異分野からの転職で活躍されている場面をよく見かけます。

 

ただし、設計をはじめるにあたって、最低限の知識の習得は必要です。特に機械工学をまったく学んでいない方は、いくつかの学ぶべきルールを知るがあります。これらについては次のページで詳しく解説を進めていきます。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク