HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

QCDとは

 

アイディアを形にする際に、求められるテーマとしてQCDというものがあります。あなたが開発や設計の部署に配属されると、常にこの3つの要素が設計業務で欠かせないものであることに気づきます。
QCDとは、 Q Quality(品質) C Cost(コスト) D Delivery(納期)  の頭文字のことです。

 

 

Q 品質

 

例えば、自動車や家電製品のように同じ製品を何台も作る場合は大量生産を可能とする設計にしなければなりません。大量に生産する場合、安定した材料の仕入れを可能とし、同じ品質の物を生産できる体制を整える必要があります。当然、設計図が品質に大きく影響を及ぼしてきます。

 

C コスト

 

世の中が必要としている製品を作れたとしても、価格が高すぎる製品では売れません。従って、適切なコストで目指す機能・仕様を満足できるように設計する必要があります。

 

D 納期

 

製品開発する場合、「適切なタイミングで製品化すること」はとても重要な要素です。発売したけど競合他社に遅れをとって売れませんでした、では意味がありません。決められた開発期間内に素早く製品化する必要が出てきます。

 

以上のように、設計するためにはQCDを念頭において、さまざまな知識が必要となります。製図や力学等の機械設計に関する一般的な知識から、材料、加工、品質工学に至るまで幅広い知識が要求されます。

 

「はじめて設計を学ぶけど何から始めたら良いかわからない。。」
「先輩設計者の会話の内容が理解できない。。」
「自分の行なっている設計の流れに疑問がある。。」
「新人なのに、指導してくれる人がいない。。。」


設計経験が0〜3年程度の方からは、このような悩みをよく聴きます。
あなたもこのような悩みをお持ちではないでしょうか?


【設計初心者】が、スピード早く、効率的に成長するためには、
設計の全体像を学ぶことが重要です。それにより、成長スピードが飛躍的に向上します。


もちろん技術的な知識は必須となりますが、
それも「全体の中でどのようにその知識が必要となるのか」が
理解できていないと、スムーズに身につきません。



また、設計初心者が一番困ることに、
「設計の進め方」と「設計の考え方」があります。


この2つはとても大切なのですが、
教えてもらう機会はほとんどなく、OJTなど実務の中で習得するしかありません。


また、この「設計の進め方」と「設計の考え方」を習得できていないと
後々、設計経験を積んでいく中で苦労する場面が増えてきます。



ですので、
あなたが今後設計者としてレベルアップをしたいのであれば
「設計の全体像」「設計の進め方」「設計の考え方」の【3つ】は、
できるだけ早く身につけておくことをオススメします。



会社や現場で学ぶ機会が少ない方は、
好きな時間、好きなタイミングで学べるeラーニングがあります。


・設計知識を「どのように設計現場で活かせるのか?」がよくわかる
・QCD(品質・コスト・納期)改善に繋がる多くのヒントを得ることができる
・関係者同士のコミュニケーションが円滑になり、仕事がはかどる
・開発アイデアから具体的構造にする方法が身につくので、設計者としての発想力が高まる


「設計の全体像」「設計の進め方」「設計の考え方」を学習したいかたはこちらから
 ⇒ ゼロから設計の基礎が学べるeラーニング 「即戦力エンジニア養成講座」

 

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク