HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

機械設計に資格は必要か?

 

機械設計に資格は必要?

 

「私はこれから設計者を目指して機械設計技術者の資格を取ります」 という方がいます。就職で機械設計の資格が有利になるかどうかは分かりませんが、私の周囲にいる設計者でこの資格も持っている方は殆どいません。

 

また、CAD利用技術者試験というものがありますが、この資格を持っているCADオペレーターも私の周りにはごく少数です。この事実から税理士や弁護士のように資格が有利になる職業ではなさそうです。

 

実践で活かすことが目的であれば、わざわざ資格をとるための勉強は必要ないと思います。それよりむしろCADの操作を覚えたほうが有益です。しかし、機械設計に関してより深い知識を身につけるため、資格を取るのであれば良いと思います。

 

どのような目的で資格を取るのかが重要です。ただ単純に「就職に有利になりそうだから」という理由であればあまりお薦めできません。

 

 

資格があれば転職に有利なのか?

 

資格取得のみに焦点があたってしまうと、「英語のTOEIC 900点ですが、英語がしゃべれません」という状態になってしまいます。それでは、機械設計技術者の資格を持っていても設計ができると評価してもらえません。

 

転職の場合、最も重要視されるのは実績です。どのような設計ができるのか面接官は必ず確認します。資格を持っていると、経歴書の見栄えが良くなる程度と捕らえておくべきです。

 

機械設計に関する資格とは

 

主な機械設計に関する資格はこちらになります。

 

技術士(機械部門) 
機械設計技術者(1級 2級 3級) ※ 2級以上は実務経験が必要です。
CAD利用技術者試験 (1級 2級)

 

技術士は難易度が高い資格となります。

 

ちなみに私はある特定の技術に特化した資格はもっておりますが、上記のどれももっておりません。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク