セミナー内容

マイコン設計手法 習得

セミナーの具体的な内容

■セミナー内容
このハンズオンセミナーでは、Cortex®-M0搭載のMicrochip社製MCU(SAM L21)を使って低消費電力設計の仕方を学ぶことができます。

SAM L21マイクロコントローラの消費電力を最適化する方法と、ダイナミックパワーゲーティング機能を備えた独自のスリープウォーキングのメリットの紹介及びUltra-Low Power Wearablesアプリケーションの構築方法について理解することができるため、製品への組み込み理解を深めることができます。

→ https://service.macnica.co.jp/contents/125669

こんな方にオススメです!
・IoT製品設計者
・Wearable 製品設計者
・低消費電力手法に関心がある方

アジェンダ

ワークショップ内容 所要時間
1. 講義[1] SAM L21シリーズ
SAM L21 Ultra Low Power Optimizationの説明
30分
2. ハンズオン[1]
Web開発環境「Atmel START」の紹介
New project作成・F/W設計手順
Low Power Modesのインプリメント
60分
3. 質疑応答 / Closing 10分

用意いただくもの

・ノートPC
開発ツールをインストールしたノートPC(※)を各自ご準備ください。
※管理者権限のあるユーザーアカントでログインできるようにしてください。
※当日は、Atmel STARTにアクセスが必要なため、弊社、ネットワークに接続して頂く必要があります。
・名刺 1枚
・筆記用具

[ 開発ツールのインストール ]
当日、ご持参いただくノートPCにあらかじめ開発ツールをインストールしてください。

セミナー開催日

2017年12月7日(木)10:00 – 11:30

セミナー費用

無料

開催会社

株式会社マクニカ
東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス28階(株式会社エルセナ内)