HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

転職サイト活用の秘訣

 

 

あなたの転職方法の1つに、転職支援会社が運営する「転職エージェント」を考えてみてはいかがでしょうか。

 

転職エージェントは、自力で応募を進めていく転職サイトとは違い、担当のアドバイザーがあなたの希望をヒアリングし提案を行ってくれます。そのため、費用と時間をかけることなく希望に沿った企業へ転職できる可能性が広がります

 

 

 

もちろん、あなたの経験や実績によって、転職の可能性や幅は変わってきますが、自分ひとりで転職活動を行うよりも、転職エージェントを活用した方が簡単ですし、希望に近い転職先を発見できる可能性が高くなります。ただし、利用する転職エージェント会社によって、紹介してもらえる転職案件が異なりますので、違いを理解して活用するのがよいでしょう。

 

本サイトでは、あなたが転職エージェント会社を活用する上で、どのようなポイントに注意すればよいのか紹介していきます。

 

 

 

 

3社以上の転職エージェント会社へ登録する

 

転職エージェント会社に登録する際は、1社だけではなく、少なくとも3社以上に登録するようにしましょう。できれば大手2社、そして専門2社がおすすめです。なぜなら、先にも述べましたが、利用する転職エージェント会社によって、保有する転職案件が異なるからです。

 

また、担当者となる転職エージェント(コンサルタント)の質も異なります。
転職エージェントの良し悪しは、どこまでいっても個人の技量が大きいです。

 

転職エージェント会社に登録すれば、転職エージェント(コンサルタント)と共に転職先を探すことになります。エージョントと直接面談を行う、電話やメールで連絡するなどのやり取りが発生するでしょう。

 

人間だれしも相性がありますし、
運悪く経験の浅い担当者になる可能性もあります。

 

担当者の変更ができるところも多いですが、
1社のみ登録していると、良い担当者とそうでない担当者の違いが分からないときもあります。

 

 

また、転職エージェント会社によって「強み」と「弱み」があることも理解しておく必要があります。

 

機械設計といってもその業界は、
「自動車、建機、航空機」から「家電、家具、設備、ロボット」など非常に多岐にわたります。

 

対象となる地域も「関東、大阪、名古屋」など都市部から「東北や九州」のような地方の違いもでてきます。

 

以上のように転職エージェント会社間で、業界や地域の違いがどうしても出てくるため、転職エージェント会社を活用するときは、少なくとも「3社以上」に登録して、転職エージェントとお付き合いすることをおススメしています。

 

 

例えば、あなたが家を建てる場合を考えてみてください。
そのような大事な決断をする時、あなたは1社のみに相談して決めるでしょうか?

 

多くの方は、いくつかのハウスメーカーを内覧して、デザイン、広さ、価格、ライフスタイルなど様々な視点から判断し、最終的に決断すると思います。

 

また、決断に至る判断材料として営業マンの提案力や対応の良さといった部分も大きく影響するでしょう。

 

人生で最も高額な買い物をするわけですから、当然、誰もが失敗したくないと思います。
信頼できる営業マンから、希望に見合った物件を購入したいと思うのは当然です。

 

そして、それは「転職活動」も同様です。

 

どんな仕事を選ぶかで、あなたの人生は大きく変わります。

 

ですので、あなたの希望に見合った就職先を見つけるために、相性のあう転職エージェントを探してみてください。複数の転職エージェント会社を比較検討することで、より良い転職エージェントを見つけることができます。

 

また、実際に登録してみると、様々な気づきがあります。どんな転職エージェントが担当になるかは、実際に登録して確認してみなければわかりませんので、イメージしていた人と違うな、相性が合わないな、と思うことも出てくることでしょう。
そのようなことが発生したときは、遠慮なく担当者を変えてもらうようにしましょう。

 

 

転職エージェントを活用する

 

転職エージェント会社に登録したら、転職エージェントを活用して、希望の就職先を見つけるようにします。本サイト内の記事でも解説していますが、希望の条件(年収、勤務地、仕事内容など)に優先順位をつけて、転職エージェントに伝えましょう。

 

転職エージェントと直接会ってから面談を行う場合、面談の日程を決めることになりますが、事前に情報を伝えることを強くおすすめします。情報が不足していると、転職エージェントも準備不十分となり、せっかくの面談の機会を活かしきれない場合があるからです。

 

 

「履歴書や職務経歴書と一緒に、必ず希望の条件を伝えましょう。」

 

 

また、人によっては転職エージェントと会って会話することに抵抗を感じる方もいると思います。そのようなときは、電話だけのやり取りも可能ですし、「まずは自分で求人を見ながら考えたい」という希望を伝えれば、メール等で非公開の求人情報を案内してくれます。

 

詳しく知りたくなった段階で、直接会って会話するという進め方も可能です。

 

基本的に、どの転職エージェントも転職を急がせたり、押し付けたりするようなことはしません。それは、転職というものが人生にかかわる大きなイベントであることを転職エージェントも理解しているからです。

 

中には数年間かけて転職を成功される方もいるようです。

 

また、遠方の場合は、直接会って会話できないため、電話やメールでサポートしてもらえます。

 

 

 

転職活動で失敗しないためには

 

転職活動で失敗しないためには、転職エージェントとのコミュニケーションが大切です。

 

仕事でも同様ですが、コミュニケーションが取れていないと、お互いの認識の「ズレ」が生じてしまいます。この「ズレ」が原因で失敗してしまう方がいます。

 

また、本気で活動する際は、直接会うか、電話できちんとコミュニケーションをとるようにしましょう。あなたも一度は経験があるかもしれませんが、メールや文章だけで済ませようとすると、伝えたいことが十分に伝わらない場合が多くあります。できるだけ転職エージェントと会話をしながら進めるようにしましょう。

 

また、前述のとおり、複数の転職エージェントを利用することが大切です。
繰り返しになりますが、転職エージェントの質は様々で、運悪く相性が合わない人が担当になる可能性があるからです。

 

また、希望にマッチした求人案件を提示してもらえないということもあるでしょう。

 

したがって、必ず複数の転職エージェント会社を比較検討するようにしましょう。

 

以上、転職エージェント会社の活用方法について説明してきました。
転職エージェント会社別に違いや特徴がありますので、下記のページを参考にしてください。

 

 

 

→ オススメの転職サイト