HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

退職手順を確認して、トルブルを避けよう

退職の際に、会社とトラブルになるという話をよく聞きます。これは、転職に焦る個人と辞めさせたくない会社との考えの違いが原因です。未然にトラブルを防ぐためには、退職までの流れを把握してあらかじめ予定を立てておくことです。

 

辞める時にトラブルにならないためにも、トラブルになる例を参考にしながら、退職までの全体の流れを把握しておきましょう。

 

1.エンジニアが退職時にトラブルになる例
機械設計エンジニアが退職時にトラブルになる原因の一つが、引き継ぎをするための十分な時間がない場合です。基本的に就業規則に退職日の何ヶ月前に伝えなければいけないか書かれています。一般的には、1ヶ月前や3ヶ月前ですが、就業規則よりも余裕を見ておいたほうがいいでしょう。

 

特に、中堅のエンジニアは引き受けている仕事が多く、引き継ぎできる相手がいない場合があります。無理やり辞める人もいますが、もし同じ業界で転職をする場合、どこかでばったりと会うかもしれません。それがもし仕事だったら、仕事に影響がでる可能性もあります。

 

2.退職すると決めてから退職までの流れ
退職までの流れを簡単に説明すると以下のような順番となります。

 

・業務の整理
・退職することを上司に伝える
・業務の引き継ぎ
・退職届けの提出
・退職

 

退職すると決めたらまず、業務の整理をおこないましょう。自分が抱えている案件や、業務、雑務などすべてです。この業務の整理がしっかりとできないと、退職する時に引き継ぎがうまくできず、トラブルの原因になります。思いつく限りの案件をエクセルなどにまとめ、一目でわかるようにしておきます。

 

その後、上司に退職する意思があることを伝えましょう。今まで上司に転職するそぶりを全く見せていなかった場合、上司に引き止められます。重要なポジションにいればいるほど、引き止められる期間は長くなります。最大1ヶ月は説得に時間がかかることもあります。他の人にすぐに引き継ぎできる業務内容なら、そこまで引き止められることはないでしょう。

 

この時に大切なのが、退職日を決めておくことです。この時点で退職日を決めれなければ、後々トラブルになる原因となります。また、自分が抱えている業務の量もしっかりと伝え、引き継ぎにかかる期間を説明しましょう。退職のことは、この時点でほとんど決まります。しっかりと準備をおこない、特に退職日については必ず押さえておきましょう。

 

退職を認めてもらえたら、業務の引き継ぎを始めます。予定通り進むことはあまりありませんが、引き継ぎを粛々と進めるようにしましょう。注意点としては、引き継ぎがうまく進まなかった時に、「もう1ヶ月退職を伸ばしてほしい」と言われるケースです。相手に合わせて伸ばしていくと、延々と同じことが繰り返されるので相談には乗らないほうが無難でしょう。

 

引き継ぎをしている途中で退職届を出す必要があります。会社の就業規則に、提出日について書かれていますが、基本的には1ヶ月前です。出し忘れに注意をしましょう。

 

4.退職前の転職活動
退職前に転職活動をする人は多いのではないでしょうか。人によっては、退職が決まってから転職活動をする人もいれば、上司に伝える前にすでに転職先を見つけている場合もあります。上司に伝える前にすでに転職先が見つかっている場合は、伝え方に注意をしてください。人によっては、隠れて転職活動をしていたことを嫌う人もいます。

 

5.まとめ
総括すると、会社を退職する前には全体の流れを把握して余裕を持ったスケジュールを立てる必要があるということです。特に、自分が抱えている案件を引き継げる人がいるかどうかがポイントです。もし、誰も引き継げる人がおらず、無理矢理辞めようとすると会社とトラブルになります。会社を退職する際は、これらのことに気をつけて会社に相談をしましょう。