HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

転職できないエンジニアと転職できるエンジニアの違い

 

仕事を辞める辞めると言いながらも、辞めない人は周りにいませんか?このような人は、転職に向いていません。逆に転職する人は、すぐに行動に移します。このように、転職をするという意思は同じにも関わらず、二つのタイプに分けられます。

 

今回は、転職できるエンジニアの条件をご紹介します。

 

転職できるエンジニアは、転職理由が明確

 

「なんとなく転職したい」
「今の仕事に飽きた」

 

このような理由を元に、転職活動をしたとしても転職活動が成功することはないでしょう。転職活動には大きなハードルが3つあります。

 

まず、転職用の履歴書や職務経歴書を作成し、エージェントに登録する作業です。
次に、実際に履歴書を提出し、面接を受けること。
そして最後に、上司に転職することを伝えることです。

 

この3つは、行動する手間がかかるとともに、通常の業務と並行しておこなわなければいけため、強い意思がなければ行動に移すことができません。

 

 

そこで重要なのが、転職理由です。

 

「キャリアップしたい」
「給料を上げたい」
「役職に就きたい」

 

理由はなんであれ、自分の中にどうしてもしたいという強い意思が必要となります。意思があれば、行動に移すことができるでしょう。

 

しかし、すべての人が強い意思を持っているわけではありません。その場合、とりあえず求人を探したり、エージェントに登録をしたりすることで、転職したい意思を強めることもできます。

 

つまり、実際に行動を起こしてみることが大切です。

 

転職できるエンジニアは、転職時期が明確

転職活動では、「転職時期を定めておくこと」が大切です。転職をしたいという強い気持ちがあったとしても、時期が明確になっていない場合ずるずると後ろ倒しにしてしまうことがあります。

 

辞める意思を会社に伝えていない場合に起こることがほとんどです。時期を明確にすることで、自分が転職活動から逃げれない状況を作るようにしましょう。

 

特に、意思が強くない人は、時期をきっちりと決めておくことが何よりも大切です。そのために、まず会社に辞める意思を伝えておく方法もあります。自分の中で時期を明確にして、転職活動に本気で取り組める環境作りをするようにしましょう。

 

転職できるエンジニアは、会社の都合に従わない

 

会社に転職することを伝えてから、会社に説得され転職時期を伸ばし、転職をやめてしまう人がいます。転職する意思を会社に伝えると、基本的には止められることがほとんどです。新しく人を育てたり、他の部署から異動させたりするのには時間もコストもかかるからです。

 

「君に辞められると困る」
「引き継ぐ人がいない」
「他の会社では通用しない」

 

会社は様々な理由で転職する人を会社に残らせようとします。退職する時期や転職理由がはっきりとしていない人ほど、このような説得に応じてしまいがちです。

 

会社や上司に転職を伝える際は、自分の意思を強く持つことが大切となります。ただ、小さい会社であれば人員が少なく1人でも辞めてしまうと、ほんとうに会社が回らなくなってしまうこともあります。退職までの期間をしっかりともうけた上で、退職するのが円満退社の秘訣です。

 

 

以上、転職できるエンジニアの条件をご紹介しました。転職をする時は、転職理由、時期を明確にした上で、「会社からの説得に応じないこと」が大切です。

 

エンジニアで、なおかつスキルが高ければ会社から止められることがほとんどです。本当に転職をしたいのであれば、会社の説得にのらないように自分の意思を強く持っておく必要があります。これから、転職活動をする人は参考にしてみてください。

 





20代で転職するならタイミングが大切

新卒で入社したうち3人に1人は、3年以内で退職してしまいます。しかし、スキルや知識も十分に身についていないため、条件のいい転職先を見つけるのに苦労します。そんな状況を避けるためにも、20代の転職で大切なのが「タイミング」です。いつ転職しても同じというわけではなく、働いた期間によりスキルや知識も変わり...

≫続きを読む

30代で転職するならフ?ロジェクトリーダーとしての実績が重要

本日は、30代で転職を成功させるための秘訣について紹介します。機械設計エンジニアが30代に転職活動をすると、「いくつもの会社から内定をもらう人」と、「全く内定をもらえない人」の2パターンに分かれます。それぞれ面接でのアピールのうまさが関係しているところもありますが、それ以上に社内での経歴や実績が関係...

≫続きを読む

40代の転職に求められる能力と転職のコツ

40代での転職は、20代や30代に比べるとハードルが高いのが現状です。日系企業は、人材を若いうちから自社で育てるという意識が強いので、どうしても採用の軸は年齢の低い人材に向いてしまいます。しかし、40代は全く需要がないかといえばそういうわけでもありません。実際に、転職に成功している人たちも見てきまし...

≫続きを読む

転職できないエンジニアと転職できるエンジニアの違い

仕事を辞める辞めると言いながらも、辞めない人は周りにいませんか?このような人は、転職に向いていません。逆に転職する人は、すぐに行動に移します。このように、転職をするという意思は同じにも関わらず、二つのタイプに分けられます。今回は、転職できるエンジニアの条件をご紹介します。転職できるエンジニアは、転職...

≫続きを読む

転職で収入はあがる?収入アップを狙う2つの方法

機械設計エンジニアが収入アップを狙う方法を紹介します。結論として、収入を上げるためには、「今の会社で実績を出す」か、「転職する」かの2つの方法しかありません。今回は、社内での収入の上げ方に加え、日系と外資系に転職して収入があがるのか紹介します。社内で実績をあげる収入アップを目指す上で最初にできること...

≫続きを読む

中小企業から大手に転職する3つの限られた方法

「大手に転職してキャリアップしたい」「自分の技術をもっと高いレベルで試したい」「上流工程で仕事をしてみたい」機械設計エンジニアでこのように考えている人も多いのではないでしょうか?大手に行けば、給料だけではなく待遇や福利厚生がよくなります。また、上流工程で働くことは一つの憧れかもしれません。今回は、中...

≫続きを読む