HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

 

エンジニアが退職後に転職を始める時の注意点

 

退職後にゆっくりと仕事を探そうと思っている方。準備ができていないと、あとあと苦労する可能性があります。実際に、辞めてから仕事を探し始めても、仕事が見つからず、さらに収入がないため生活に困る人もいるほどです。

 

今回は、辞めてから仕事を探す人に是非とも事前に知っておいてもらいたい注意点をご紹介します。後で慌てないためにも、しっかりと準備をしてから退職するようにしましょう。

 

仕事感を失う可能性

 

サッカー選手は試合に出ていないと、試合感を失ってしまうと言われています。設計職も同じように、毎日設計をしていた人が突然設計から離れると、仕事感を失ってしまうことがあります。

 

設計業務は、図面をトレースするような作業から、構想設計から考えるクリエイティブな仕事まで幅広い業務です。作業やスキルに関しては言えば、長年の経験があればすぐに薄れることはないでしょう。自転車に長く乗っていなかったとしても、乗り方を忘れてしまうことがないことと同じです。

 

しかし、クリエイティブな仕事をする場合、設計業務から少し離れていると、アイディアが出てこなくなったり頭が回らなくなったりすることがあります。まさに、ブランクができる状態です。

 

ブランクができると、仕事に戻った時に本来の力が出せないと思うでしょう。仕事を辞めてから新しい仕事がすぐに見つかるわけでもありません。離れている時間が長ければ長いほど、このようなリスクがあることを最初に把握しておく必要があるでしょう。

 

退職後の不安定な収入

 

退職後に一番ネックになるのが、収入源がなくなるということです。今まで決まった時期に給料が口座に振り込まれていましたが、仕事を辞めることで口座にお金が振り込まれることはなくなります。

 

逆に、国民健康保険や国民年金、さらには住民税といった税金が毎月口座から引かれます。今まで給料から天引きされていたため、あまり気にしていなかったかもしれませんが、給料が多かった人ほど大きな額を引き落とされます。それに加え、車のローンや生活費、携帯電話の料金など、固定費は今まで通り毎月発生します。

 

退職をする前に、これからの費用が毎月どの程度かかり、無収入のまま何ヶ月生活できるのか把握しておくことが非常に大切です。雇用保険に頼ろうとしている場合は、給料の満額ではなくもらえる金額は決められています。また、支給されるタイミングも申請から3ヶ月後なので、貯金がない人は頼りにはできません。

 

無職の状態が長期化する恐れも

 

すぐに仕事が見つかるわけではないことを承知しておきましょう。設計職は、専門性が高いこともあり求人数が営業職などに比べて多くはありません。また、すぐに自分が希望する求人が見つかるわけではありません。

 

何社か受けることで、面接に慣れる時間や希望する会社を見つける時間が必要となります。ハローワークや転職エージェントなどを使い、積極的に求人情報を探すようにしましょう。

 

もし、求人が多くあり応募しても選考が進まないということであれば、履歴書や職務経歴書を何度か見直し、書類上で損をしない書き方を心がけてください。

 

 

以上、退職後に仕事探しを始める人に知っておいてもらいたい注意点を紹介しました。

 

仕事感を失うことについては、再就職をして仕事をしているうちに徐々に戻ってくるかと思いますが、不安定な収入に対しては準備をしっかりとしておくといいでしょう。

 

現在の貯金額の把握と、予想される出費は最低限抑えておきましょう。辞めた後に慌てないためにも、事前に準備をおこなう必要があります。これから、退職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。





取引先や知人から引き抜かれるためには信頼関係の構築が重要

転職の一つの方法として、知人や取引先から引き抜かれることがあります。これは夢物語ではなく、実際にあることです。しかし、すべての人が共通して引き抜かれるわけではありません。本日は、どのような人が、知人や取引先から引き抜かれるかをご紹介します。取引先から引き抜かれる方法取引先といっても外注先と顧客があり...

≫続きを読む

機械設計エンジニア向け!面接における質問とその対策

当然ですが、面接の受け答えで採用の合否が決まると言っても過言ではありません。面接官の質問の意図を汲み取り、適切な回答ができているか、話しすぎていないか、相手への気づかいはできているかなど気をつけることは多くあります。その中でも、もっとも重要なのが「質問に対しての的確な回答」です。言い換えれば、質問の...

≫続きを読む

面接で避けるべき転職理由とその言い換え方法

転職理由を正直に伝えてしまい、転職のチャンスを逃している人がいます。ただ、ほんの少しの言い換えで、採用担当者に高評価され転職を成功させる人がいます。今回は、転職を成功させるために、転職理由の正しい言い換え方法をご紹介します。これから、転職活動をする人は要チェックです。転職で避けるべき転職理由転職は、...

≫続きを読む

ハローワークはおすすめしない?その理由とは?

ハローワークだけを使い転職しようとしていませんか?ハローワークは、仕事の求人情報を多く取り扱っていますが、募集企業と求職者のニーズが合わない傾向があります。本日は、ハローワークを使う際に事前に把握しておくべきことを紹介します。これから転職活動をする人は、是非参考にしてみてください。どのような企業が求...

≫続きを読む

企業のホームページから応募するメリットとは?

転職をする際、企業のホームページから応募したことはありますか?転職サイトやエージェントを通して応募することが多いため、ホームページから応募することはほとんどありません。しかし、ホームページから応募するメリットももちろんあります。今回は、ホームページで求人を出している企業に応募するメリットとその方法を...

≫続きを読む

転職サイトを利用するメリットとその活用方法とは?

転職をするとき、ハローワークだけが求人の探し方ではありません。最近は、転職サイトと言われる求人情報を掲載したサイトを使うことが一般的になってきました。わざわざハローワークに足を運ぶ必要もなく、サイトに登録をして求人情報を探せるとても便利なものです。うまく使いこなせば、希望にあった求人も見つけられます...

≫続きを読む

これだけは抑えておこう!失敗しない面接対策

履歴書はうまく書けても、面接で自己PRに失敗してしまう人は多いのではないでしょうか。面接が終わった後に対策をしておけばよかったと後悔する前に、事前の対策をして面接に備えましょう。本日は、転職を失敗しないための面接対策を紹介します。面接の事前準備転職活動の基本ですが、転職先の基本情報は頭に入れておきま...

≫続きを読む

誰も教えてくれないわかりやすい職務経歴書の書き方

職務経歴書は、自分をプレゼンするための大切な提案書です。5W1Hを元に、自分が今まで経験してきた業務を整理整頓し、自分を採用した時のメリットが書かれていなければいけません。企業からすれば、書類選考の段階で職務経歴書を確認し、募集しているポジションに対してマッチしている人材かどうかを判断する材料となり...

≫続きを読む

何度も選考に落ちる人が見直すべき3つのポイント

転職活動では、一度や二度選考に落ちることはありますが、続けて何度も落ちる人は、共通して問題があります。意識を少し変えるだけで、劇的に結果がよくなります。今回は、面接に何度も落ちる人が見直すべきポイントを3つご紹介します。実際に、書類選考が通っても面接が通らない人や、これから転職活動をする人は参考にし...

≫続きを読む

エンジニアが退職後に転職を始める時の注意点

退職後にゆっくりと仕事を探そうと思っている方。準備ができていないと、あとあと苦労する可能性があります。実際に、辞めてから仕事を探し始めても、仕事が見つからず、さらに収入がないため生活に困る人もいるほどです。今回は、辞めてから仕事を探す人に是非とも事前に知っておいてもらいたい注意点をご紹介します。後で...

≫続きを読む

なぜ、3年目で転職するエンジニアが多いのか?3つの理由をご紹介します

石の上にも3年という諺を聞いたことはありますか?何をする上でも、3年間は続けたほうがいいという言葉です。日本では、新卒で入社をしたら3年間は同じ会社で働いたほうがいいと言われています。中途採用をおこなう担当者も3年間という期間を評価する傾向にあります。実際に、3年を目処として働いている人も多いようで...

≫続きを読む