HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

機械設計エンジニアがキャリアアップを狙うために必要な3つの方法

機械設計のエンジニアがキャリアップする際には、知識や技術が求められます。
しかし、知識や技術だけではなく社外のコネクションも大切なことを知っていますか?

 

今回は、キャリアップを実現するために必要な3つの方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

幅広い知識と技術を身につけておく

機械設計のエンジニアには、幅広い知識と技術が求められます。また、設計だけではなく生産技術や品質管理についても意識しながら設計を進めなければいけません。設計の分野ではスペシャリストを目指し、設計以外の生産技術や実験、製造、加工などについてもある程度の知識を持っておくのが望ましいでしょう。

 

また、機械設計といっても幅広く小さな部品の設計から設備の設計まで様々です。さらに、転職をするとなると、履歴書や面接では自分が他の募集者よりも設計ができることをアピールしなければいけません。

 

設計のスキルが同じレベルだと判断された場合に重要となるのが、機械設計以外の知識です。例えば、近年は、機械的動作を電気やソフトで制御するものが多いため、電気制御やソフトウェアの知識などがあげられます。

 

また、成形、板金、溶接など各種加工の知識があると、より早く、より質の高い製品設計が可能となるので、アピールポイントになるでしょう。

 

そして、近年、ものづくりの現場では、IT化が進んでいるため、3DCAD、CAE、CAMなどの知識があると、採用の決め手になる場合もあります。

 

したがって、違う業界に転職をする場合は、今までの設計の知識以外にもプラスアルファの知識が評価されることがあります。

 

 

社外にコネクションを作っておく

設計の知識や技術がキャリアップの一つのポイントですが、社外にコネクションを作っておくことも大切です。

 

キャリアップをする際に、意識しなければいけないのが、社外での自分の立ち位置です。社内では評価が高いけれども、社外に出たら実はあまり評価が低いということを避けるために、社外の声を聞く機会を作るようにしましょう。

 

一番簡単な方法としては、取引先の声を聞く方法があります。取引先は、いくつかのサプライヤーや外注先と仕事をしている場合があります。特に大手企業となれば、間違いなく様々な企業と取引をしています。取引先から生の評価を聞くことによって、自分が業界でどのくらいのレベルにいるか知ることができます。

 

逆に社内からの評価はあまり役に立たないことが多いです。特に、中途採用が少ない職場の場合、他社を知らないため客観的な評価ができません。転職をする際に、「スキルが不十分だから転職先はない」と言われることがあるかもしれませんが、他の会社からは必要とされることもあります。

 

まずは、一番近くの社外のコネクションとして取引先からの評価を気にしておくようにしておきましょう。

 

また、取引先からの評価を高めておくと、何かあった場合に引き抜いてもらえる可能性があります。人が辞めてしまった場合や、業務拡大により人が必要になった場合など様々な理由が考えられます。

 

また、メーカーの場合希望退職を募ることもありますので、そのタイミングで引き抜きの話がくることもあります。

 

キャリアップの一つの手段として、社外のコネクションを作っておくことをおすすめします。

 

定期的に転職エージェントに連絡をとる

転職やキャリアップを本気で考え始めたら、転職エージェントに連絡をとり相談にのってもらうといいでしょう。転職エージェントは、表に出ていない求人を持っていますので、どのような人材が求められているのか知る機会になります。

 

転職市場での自分の立ち位置を把握するためにも、転職エージェントに相談をしておくのがいいでしょう。

 

まとめ

キャリアップを目指すのであれば、技術や知識だけではなく周りの評価も気にするのが大切です。社内の評価だけでは、自分のレベルがわからないため社外にもアンテナを張りましょう。頑張ってビジネス交流会などに参加する必要はありませんが、一番身近な取引先とは信頼関係を作っておいて損はありません。

 





転職を成功させるためには目的をはっきりとさせる

機械設計エンジニアで実力のある人ほど、転職市場では引く手あまたです。しかし、転職先が多いからと言ってすべての人が転職後の職場に満足するわけではありません。転職を成功させるために重要なことは、目的をはっきりとさせることです。どんなに多くの転職先があったとしても、転職の目的をはっきりとさせてなければ、満...

≫続きを読む

転職は、在職中にすべき?退職後にすべき?

転職活動は、在職中か退職後か人によってそれぞれです。ここでは、在職中、退職後に転職活動をおこなった場合のメリットとデメリットをご紹介します。これから転職活動を考えている人はぜひ参考にしてみてください。在職中に転職活動するメリット・デメリットメリット在職中に転職活動をするメリットは、仕事が決まってから...

≫続きを読む

本当に転職する必要ある?転職したい気持ちをもう一度見直す

なんども転職を繰り返すと、キャリアに傷がつき次の転職活動に影響が出ることがあります。もし、転職をしたいと考えているのであれば、一度考え直してみてはどうでしょうか?今回は、転職をしたいと思う人に、本当に転職が正しい選択肢なのか考え直してもらうための内容です。漠然と転職をしたいと考えいている人は、ぜひ参...

≫続きを読む

機械設計エンジニアがキャリアアップを狙うための3つの方法

機械設計のエンジニアがキャリアップする際には、知識や技術が求められます。しかし、知識や技術だけではなく社外のコネクションも大切なことを知っていますか?今回は、キャリアップを実現するために必要な3つの方法を紹介しますので、参考にしてみてください。幅広い知識と技術を身につけておく機械設計のエンジニアには...

≫続きを読む

機械設計エンジニアは、転職する目的に優先順位をつける

転職する理由は、給料、通勤距離、会社の規模、福利厚生、やりがいなど人により様々ですが、転職に失敗する人は、転職の目的に優先順位をつけられていません。特に、機械設計のエンジニアは、転職をすることで給料だけではなく開発環境や、設計対象の製品など多くの変化があります。給料を重視して転職しても、開発環境に満...

≫続きを読む

機械設計エンジニアの転職には、資格より実績が大切?

世の中には、様々な資格があります。英検、漢検、自動車免許など数えればきりがありません。一般的に、就職や転職には資格があれば有利になるという考えがあります。実際に、「有資格者でなければできない業務独占」や「仕事の実績がない場合」では、資格を持っていることが転職にプラスに働きます。しかし、機械設計エンジ...

≫続きを読む

転職のタイミングはいつか?3ハ?ターン紹介

突然ですが、適切な転職のタイミングについて考えたことはありますか?実は、思い立った時に転職をするよりも、転職のタイミングを見計らうほうが転職の成功率があがります。本日は、転職に丁度良いタイミングを3パターン紹介しますので、転職の参考にしてみてください。最初のタイミングは3年目石の上にも三年という諺が...

≫続きを読む

機械設計エンジニアの退職理由5選

世の中には、様々な理由で転職をする人たちがいます。本日は、機械設計エンジニアが退職する原因を5つ紹介します。これから転職を考えている人は参考にしてみてください。1.残業が多すぎるどの部署も残業が過多になる時がありますが、設計部門は常に残業過多になっている会社があります。顧客から図面をもらって社内図を...

≫続きを読む

転職を繰り替えさないための対策とは?

「転職をしたけど入社してみたらこんなはずでは・・」希望した転職なのに、元の会社に戻りたいと思う人はいるものです。せっかく、上司を説得して、仕事の引き継ぎをして、会社にバレないように転職活動をしたのに、自分の希望していた転職にならなかったら失望は大きいでしょう。最悪の場合、再度転職をすることになります...

≫続きを読む