HOME 初めての方へ おススメ転職サイト 転職サイト活用の秘訣 お問い合わせ

機械設計エンジニア、CADエンジニアの転職成功の秘訣を全公開

転職を繰り替えさないための対策とは?

 

 

「転職をしたけど入社してみたらこんなはずでは・・」

 

希望した転職なのに、元の会社に戻りたいと思う人はいるものです。せっかく、上司を説得して、仕事の引き継ぎをして、会社にバレないように転職活動をしたのに、自分の希望していた転職にならなかったら失望は大きいでしょう。最悪の場合、再度転職をすることになります。

 

本日は、転職で失敗をしないためにも、失敗する人に共通する理由とその対策を紹介します。

 

 

転職の失敗はなぜおきるのか

 

転職をしてから後悔する人は、仕事を辞めたい気持ちが先行し、どのような職場で働きたいか考えられていません。働きたい環境や条件が明確ではない場合、転職活動をする上でも応募する基準がないため転職活動に苦労します。また、転職先を見つけたとしても、しっかりとした基準がないため、転職先のマイナスの部分しか見えず、再度転職をすることとなります。

 

 

転職の条件に優先順位をつける

 

このように転職を繰り返さないように、まずは転職の条件をはっきりとさせます。給料アップ、開発環境の向上、キャリアップ、なんでもいいのですが、これだけは絶対に譲れないというものを決めましょう。これを曖昧にしておくと、転職を失敗したと感じる原因になります。

 

というのも、転職するときに『多くの条件』を持っていると、転職の軸がなくその時々で進みたい会社が変わってしまいます。このような状態で転職活動をしても、いい結果が得られるはずはありません。

 

最低限これだけは譲れないというところだけ明確にしておくことで、その部分だけでもズレがなければ不満も感じにくくなるでしょう。

 

 

面接で確認をとる

 

転職の優先順位をはっきりとさせておくことに加え、面接の時に自分が求めているものが転職先にあるかしっかりと確認しましょう。やりたい仕事が決まっている場合は、できるだけどのような仕事ができるのか確認しましょう。

 

機械設計エンジニアの場合は、開発環境がとても大切です。勤めていた会社よりも小さな会社にいき、不便さを感じるだけではなく自分がしたい開発ができなくなることもあります。

 

機械設計エンジニアが転職する一つの目的として、現在勤めている会社で管理職になる必要があり実務ができなくなることがあげられます。設計が好きで仕事をしていた人からすれば、管理業務は苦痛でしかなく、どうしても管理職にならなければいけない場合、実務ができる会社に転職することがあります。

 

このような場合も、その基準をしっかりと持ち、面接の時に実務でできる内容を確認しましょう。できれば、設計の現場も見せてもらうといいでしょう。どのような環境で設計をしているのかわかります。

 

また、他の部署との距離感もこの時に掴めるでしょう。品証や生産責任者が近くにいれば、設計としてもすぐに相談できコミュニケーションがとりやすい環境であるということがわかります。

 

逆に仕事現場を見せてもらい、これは何かおかしいと感じるようであれば面接の中で質問をしながら回答を得るようにしましょう。

 

まとめ

 

転職をしても必ずしも希望する結果を得られるわけではありません。転職先に不満を持ち転職を繰りかえす人はたくさんいます。そうならないためにも、転職する条件に優先順位をつけて、面接の中で自分が求めるものが転職先にあるのか細かく確認するようにしましょう。

 

もし、何か違和感を感じたところがあれば、面接の中で回答をもらうことをおすすめします。転職は人生何度も経験するものではありません。自分がこれだけは譲れないという部分を明確にして、後悔のない転職活動をしてください。





転職を成功させるためには目的をはっきりとさせる

機械設計エンジニアで実力のある人ほど、転職市場では引く手あまたです。しかし、転職先が多いからと言ってすべての人が転職後の職場に満足するわけではありません。転職を成功させるために重要なことは、目的をはっきりとさせることです。どんなに多くの転職先があったとしても、転職の目的をはっきりとさせてなければ、満...

≫続きを読む

転職は、在職中にすべき?退職後にすべき?

転職活動は、在職中か退職後か人によってそれぞれです。ここでは、在職中、退職後に転職活動をおこなった場合のメリットとデメリットをご紹介します。これから転職活動を考えている人はぜひ参考にしてみてください。在職中に転職活動するメリット・デメリットメリット在職中に転職活動をするメリットは、仕事が決まってから...

≫続きを読む

本当に転職する必要ある?転職したい気持ちをもう一度見直す

なんども転職を繰り返すと、キャリアに傷がつき次の転職活動に影響が出ることがあります。もし、転職をしたいと考えているのであれば、一度考え直してみてはどうでしょうか?今回は、転職をしたいと思う人に、本当に転職が正しい選択肢なのか考え直してもらうための内容です。漠然と転職をしたいと考えいている人は、ぜひ参...

≫続きを読む

機械設計エンジニアがキャリアアップを狙うための3つの方法

機械設計のエンジニアがキャリアップする際には、知識や技術が求められます。しかし、知識や技術だけではなく社外のコネクションも大切なことを知っていますか?今回は、キャリアップを実現するために必要な3つの方法を紹介しますので、参考にしてみてください。幅広い知識と技術を身につけておく機械設計のエンジニアには...

≫続きを読む

機械設計エンジニアは、転職する目的に優先順位をつける

転職する理由は、給料、通勤距離、会社の規模、福利厚生、やりがいなど人により様々ですが、転職に失敗する人は、転職の目的に優先順位をつけられていません。特に、機械設計のエンジニアは、転職をすることで給料だけではなく開発環境や、設計対象の製品など多くの変化があります。給料を重視して転職しても、開発環境に満...

≫続きを読む

機械設計エンジニアの転職には、資格より実績が大切?

世の中には、様々な資格があります。英検、漢検、自動車免許など数えればきりがありません。一般的に、就職や転職には資格があれば有利になるという考えがあります。実際に、「有資格者でなければできない業務独占」や「仕事の実績がない場合」では、資格を持っていることが転職にプラスに働きます。しかし、機械設計エンジ...

≫続きを読む

転職のタイミングはいつか?3ハ?ターン紹介

突然ですが、適切な転職のタイミングについて考えたことはありますか?実は、思い立った時に転職をするよりも、転職のタイミングを見計らうほうが転職の成功率があがります。本日は、転職に丁度良いタイミングを3パターン紹介しますので、転職の参考にしてみてください。最初のタイミングは3年目石の上にも三年という諺が...

≫続きを読む

機械設計エンジニアの退職理由5選

世の中には、様々な理由で転職をする人たちがいます。本日は、機械設計エンジニアが退職する原因を5つ紹介します。これから転職を考えている人は参考にしてみてください。1.残業が多すぎるどの部署も残業が過多になる時がありますが、設計部門は常に残業過多になっている会社があります。顧客から図面をもらって社内図を...

≫続きを読む

転職を繰り替えさないための対策とは?

「転職をしたけど入社してみたらこんなはずでは・・」希望した転職なのに、元の会社に戻りたいと思う人はいるものです。せっかく、上司を説得して、仕事の引き継ぎをして、会社にバレないように転職活動をしたのに、自分の希望していた転職にならなかったら失望は大きいでしょう。最悪の場合、再度転職をすることになります...

≫続きを読む