HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

機械設計のプロセス

 

商品の企画から販売に至るまでの機械設計の全体プロセスは、以下のようになります。

 

設計という視点だけですと、「構想設計」・「基本設計」・「詳細設計」の大きく3つのプロセスに分かれます。また、それぞれの設計が完了した後にはDR(デザインレビュー)とよばれる設計結果の審査が行われます。

 

設計のプロセス

 

上図の機械設計プロセスは一般的なプロセスです。例えば注文が入ってから設計・組立を行うような受注生産となる機械装置の場合、先に販売してから設計がスタートするものもあります。

 

また、自動車の場合は、設計後に行う試作を、1次試作、2次試作と何度か同じ工程を繰り返す設計プロセスもあります。従って、あくまでも一般的なプロセスとして理解してください。

 

一般的な機械設計のプロセスの場合、まずどのような商品を開発するのか企画が出され、その企画に従って構想設計、基本設計、詳細設計が行われます。設計完了したものを実際に試作して評価試験を実施します。評価試験で問題が発生しなければ生産の準備にとりかかるという流れとなります。

 

設計の仕事をはじめたら、自分が今、どの段階の仕事をしているのか全体を把握しながら仕事を進める必要があります。

 

次に各設計プロセスの詳細業務を具体的に解説していきます。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク