HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

設計者へのステップ

 

一人前の設計者になるためには 「知識」 と 「経験」 が必要です。これはどのような職業でも同じですが、経験を積む過程で多くの失敗を経験します。そして、その失敗が経験となり一人前の設計者として育っていきます。

 

 

製造業の設計部門や設計会社に入社すると、まず任される仕事が製図です。

 

一般的にはトレーサーと呼ばれる仕事です。トレーサーとは元の図面があり、それを書き写す作業のことです。先輩の設計者が設計した結果を図面にするのが主な業務になります。

 

3Dの場合はモデリングです。モデリングを行う人をモデラーといいます。設計で決まった形状を立体化します。この作業の過程で図面の書き方やCADの操作を身につけて行きます。

 

 

図面の書き方を覚えると、実際に設計の一部を任せられるようになります。計画図や組立図から必要な情報を取り出して部品の設計を行います。寸法を入れたり公差を検討したりします。これらのスキルは1年も経験すれば十分に身につく内容です。

 

 

設計を覚えるコツは先輩の設計者のまねをすることです。図面の書き方や3Dモデルの作り方もまねします。3Dモデルであれば作成履歴を確認することができます。図面であれば、寸法の配置の仕方、公差の入れ方などをまねします。そして、分からないことはどんどん質問して自分のスキルにしていきます。

 

 

設計した製品の多くは製品化するまでに試作品を作って評価試験を行います。評価試験は設計者の仕事です。設計した製品の性能や仕様を確認し、製品によって様々な試験が行われます。

 

評価試験で問題がなければ、生産に向けた準備に入ります。家電製品など一般消費者向けのものであればカタログや取扱説明書などの作成を行います。

 

 

工場向けに組立手順書品質検査手順書など、さまざまな技術資料作成が必要となります。外部の会社から購入部品があれば、受入検査基準書などを作成し、購入先の業者との調整が出てきます。実際に生産が始まると組立工場に足を運んで、組立に問題が発生していないかを確認します。

 

 

以上のように先輩の設計者の元で設計業務の一連の流れを経験することになります。そして、一連の流れを経験するなかで知識を身につけ、経験を積んでいきます。

 

 

通常、このような設計工程を何度も経験しながら設計業務を身につけていくことになります。

 

 

設計業務は図面を書くことが主体だと思われがちですが、そのような業務はほんの一部です。それ以外の幅広い業務とそれに関する知識が設計では問われます。なぜなら、さまざまな業務の中で経験したことが、実際に設計する際に非常に大切となるからです。

 

このような経験を積んでいくと、あるとき設計を任せられる時が必ず来ます。私で大丈夫かなと不安ながらも設計することになります。断片的に任せられてきた設計を繋ぎあわせて自力で設計するのです。

 

以上のように、設計とは図面を書き、3Dモデルを作ることだけではありません。

 

設計は無から有を作り出すことです。製品の企画からアイディアをねり、それを具現化するのが設計です。そして、それが実際の製品として商品化できるように加工や組立など安定して製造できるようにする必要があります。

 

 

以上のように一人前の設計者となるためには幅広い知識と経験が必要となってきます。

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク