HOME 初めての方へ ものづくりウェブとは MONO塾 お問い合わせ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

製図を初めて学ぶ方へ

 

「製図の基礎を学ぶ」では機械製図を初めて学ぶ方が、実際に図面を作成し設計ができるようになることを目的としています。そのため、図面作成の仕事で最低限必要な図面の基礎について解説していきます。

 

設計ができるようになるまでのステップは次のようになります。

 

ステップ1 図面が読めるようになること
ステップ2 図面が書けるようになること
ステップ3 設計ができるようになること

 

 

実際に図面を書くことはないが、仕事上図面を読む必要がある人はステップ1までで良いので、当サイトを読めば、簡単な図面は読めるようになるでしょう。

 

 

設計までは行わないが指示通り図面を書く必要がある人はステップ2までとなりますので、当テキストで学習した後にさまざまな図面を書くことで実際に図面を書くことができるようになるでしょう。

 

 

設計者を目指すのであれば、図面の読み書きは最低限必要になります。
当サイトでは製図に加えて、設計に必要な基礎知識についても解説していますので、ぜひそちらも参考ください。

 

 

製図の基本ルールを知ること

 

さて、これから製図の基礎を解説して行きますが、最初に重要なポイントをお伝えします。

 

 

それは「製図には基本的なルールがある」 ということです。

 

 

そのルールに基づき、線を引いたり、寸法を配置したりします。
ルールを知れば、素人でもプロのような図面を書くことができます。

 

ただし、ルールを知らずに図面を書くと、「それでも設計者なの?」と疑われてしまいます。実は、大学などで機械工学を学ばれた設計者でも、この図面の基本ルールを知らない人がいます。そのように思われないためにも、ここで図面のルールをしっかり覚えてください。

 

それともう一つの重要なポイントをお伝えします。

 

それは、「図面は設計者の仕事の結果」ということです。
設計者の仕事の一部に図面が存在しているように思われがちですがそうではありません。

 

図面には設計検討の結果、得られた具体的な形状や寸法が表現されています。

 

最終的な設計者の成果となる図面ですから、いい加減な書き方をしてはいけません。また、さまざまな人が見ることになりますので、正しく正確に書く必要があります。

 

これから図面を作成される方は肝に銘じておきましょう。

 

 

ではこれから図面について学んで行きますが、学習のみでは実用的な図面が書けるようにはなりません。

 

学習に加えて、設計現場での実務経験が必ず必要となります。

 

そのため、当サイトで必要となる最低限の基礎知識を学習し、実務で実践を行い、迷った際はまた当サイトを見る、というふうにお使い頂く事をお薦めします。

 

ぜひ当サイトを、あなたのお仕事や生活にお役立て下さい。

 

 

印刷して閲覧したい方へ 『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから



スポンサード リンク

無料会員向けテキスト


関連記事

カテゴリーメニュー



スポンサード リンク