HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【新着セミナー】 実例で学ぶ!強度計算書作成セミナー:2021年10月7日(木)〜10月8日(金)開催 詳細はこちらから
  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

熱量とは

熱は高い温度から低い温度に移動する性質があります。

 

例えば、冷たい水が入ったヤカンを熱いストーブの上で放置すると温度が上昇します。ヤカンとストーブの間で熱が移動したからです。このように、物体間で熱として移動するエネルギー量のことを 「熱量」 といいます。

 

水1kgを1K (=1℃)上昇させるのに必要な熱量は 1kcal(カロリー) です。

 

熱量は物体の質量によっても変わります。

 

例えば、10kgの水を熱して、20℃から80℃にしたときの水の熱量Qは、

 

熱量Q = 水の質量(kg)×温度変化(℃) = 10 × 60 = 600 kcal

 

となります。

 

熱量の単位 カロリー [kcal] は、以前に使われていた単位です。SI単位である ジュール [J] が使われます。
単位換算する場合、1kcal = 4186 J です。

 

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク