HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


組立図の書き方

組立図(ASSY図)は複数の部品の組み合せによる図面です。組立図は製品全体を表す図面となります。(組立図は 組図、アセンブリ図、Assy図とも言われます。)

 

組立図は製品全体を表せるように 正面図、平面図、側面図 の3方向のビューで表し必要に応じてその他の投影図や断面図を追加します。組立図には製品全体の最外形(製品の大きさ)の寸法を記入します。

 

また、各部品へ引出線を作成してその先にバルーンを飛ばします。バルーン内には下図に示すように数字を採番します。番号は主要な部品からふっていきます。

 

 

 

図面の表題欄には、部品番号・部品名称・材質・数量・質量などを記入します。
部品番号は組立図に飛ばしたバルーンの番号と一致させます。

 

 

組立図はいつ作成するのか?

 

組立図はいつ作成するのか設計者の間でも議論されることですが設計する対象によって変わります。

 

例えば、先ほどのバルブを私が設計するのであれば、製品の仕様を決めてバルブの最外形を下図のような境界となるボックスをCADで作成します。そのボックス内にバルブの機能として重要な流体が通る通水路、弁の形状、弁棒形状のレイアウト設計(計画図)を行います。

 

 

このように主要となる部品間のレイアウトをある程度決めた後に部品設計に移ります。部品設計を進めていきながら都合が悪い部分は再度レイアウトに戻り修正します。「木を見て森を見ず」ではなく、木を見て森を見ての繰り返しです。

 

従って、このような製品を設計する場合は部品図と組立図はほぼ同時に完成しています。(実際は組立図をきちんと2次元図面に清書するのは一番最後です。) どちらが先かといえば部品図になります。

 

しかし、全ての製品が部品図から設計するわけではありません。例えばプラスチックの製造にかかせない金型の設計では組立図を先に作ります。組立図を設計した後に、組立図から部品へばらす作業が発生します。金型業者によっては、部品図を作らないところもあるくらいです。

 

以上より、「組立図はいつ作成するのか?」をまとめると以下のパターンに分かれます。

 

 計画図(レイアウト設計) → 部品図 → 組立図
 計画図(レイアウト設計) → 組立図 → 部品図
 組立図 → 部品図

 

対象となる製品によってパターンが異なってきます。但し、いきなり部品から設計する人はいません。設計とは全体と詳細を何度も行き来しながら進めていくものです。

あなたは製図についてこのような不安がありませんか?


「何から描いていいのかわからない・・・」
「寸法はどう入れるの?図面記号の意味がわからない・・」


すべての「モノ」は図面をベースに作られます。
そのため、設計者にとって製図は必ず身につけるべき重要スキルです。


もし仕事を進める上で、誤った指示の図面を描いてしまうと・・・


× 読み間違いによるミスが発生する
× 加工費が高くなる、メンテナンスができない


といったような、さまざまな問題を引き起こしてしまいます。


このような問題を引き起こさないためにも
「若手設計者」は、まず最初に製図スキルを身につけることが求められます。


ただ、製図は大学で学ぼうと思うと数十時間かけて学ぶため
初心者が基礎からすべてを学ぼうと思うと現実的に無理があります。


そこで、ものづくりウェブでは、
初心者でも "短期間でやさしく学べる" 動画講座(eラーニング)を制作しました。


こちらはすでに700名以上の方が受講され、
200社以上の法人様が採用している、実績のある人気講座です。


こちらの講座を学ぶことで


○ 平面から立体へ、立体から平面へ図形を想像できる
○ 日本産業規格JISで規定されたさまざまな記号の意味を理解できる
○ 設計意図に応じて適切に寸法や公差、各種記号を部品図に配置できる


といった、さまざまな効果が期待できます。



<お客様の声>

■ R・F様(30代男性)「商用車用廃棄系触媒コンバータ」の設計


悩み
問題があまりない箇所と苦手な箇所があるので、製図の基礎固めをしたかった。幾何公差、溶接が多く使われていて、かつ、苦手意識もあったため解消したかった。
成果
製図の基礎固めができた。苦手意識があり、多く使われていた幾何公差および溶接についても図が多く使われていたためイメージがわきやすく、理解できました。

■ K・I様(50代男性)「電子部品の組立・検査治具」の設計


悩み
40歳になって初めて製図業務に携わり、周りに誰も図面を描く人がいないまま、独学で図面を書いていたので、何が正しいのかがわからない状況で不安がありました。


成果
今まで理解ができなかった、寸法公差や幾何公差、表面性状についてよく分かりました。

■ S・N様(20代女性)「住宅機能金物関係」の設計


悩み
適切な三面図配置や寸法の入れ方が分からない。公差を検討する際に、何に着目すればよいか分からない。


成果
練習問題を解く中では解決できた。「ここを見ればこれが分かる」といったバイブルができた。


こちらは、お客様の声の一部ですので詳しくは案内ページをご覧ください。



▼ 超初心者向け 【eラーニング】
 「"知識0"まったく習ったことがない方でも手書きの図面が描けるようになる」
 → 機械製図超入門講座



『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク