HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


正面図の選び方

3次元の対象物を平面に投影したときに、一番形状を理解しやすい方向が正面図です。

 

例えば下図のフランジの場合、正面図として正しい方向は (A) です。
(A) はフランジの形状・機能を最も明瞭に表す面だからです。

 

 

JISではフランジの正面図は側面から見た図とすることになっています。この形状の場合には、Aの方が形状を明瞭に表すことができます。

 

第三角法に基づいて図面を描く場合、図に示す赤い矢印の面に投影させた形状が正面図となるように第三角のゾーンにフランジを配置します。(第三角法を理解されていない方はこちらから

 

 

 

(※正面図は「主投影図」ともいいます。)

 

 

正面図を補足する投影図の作成方法

 

正面図のみではその形状の全体が把握できない場合があります。
形状が把握できない場合は、各方向から見た投影図で補助を行います。

 

第三角法では投影図は正面図に対しての配置位置で次のように命名されます。

 

・正面図の上に配置する図が平面図
・正面図の下に配置する図が下面図
・正面図の左に配置する図が左側面図
・正面図の右に配置する図が右側面図
・右側面図の右に配置する図が背面図

 

実際に配置してみると以下のようになります。

 

 

正面図の上に配置される平面図ですが上面図ともいいます。

 

建築図面において、部屋の間取りなどは上から見た図面が主となります。
上から見た図を建築図面では平面図と呼ぶため、このように命名されたものと思われます。

 

補足するための投影図は出来るだけ少なくします。この例の場合、「平面図」、「左側面図」、「下面図」は存在しなくても形状が把握でき、寸法の配置も必要ないため除外します。

 

 

機械加工される部品の正面図の選び方

 

機械加工される部品の正面図の選び方にはコツがあります。

 

図面は読み手に分かり易くすることが大切です。 機械加工される部品の読み手として想定されるのは作業者です。作業者に分かり易く図面を配置する必要があります。

 

旋盤加工はご存知でしょうか?
円柱状の材料を回転させた状態で、工具刃物をあてて材料を削る切削加工です。

 

 

 

 

作業者が切削加工を行う場合、図のように実物を旋盤加工機に取り付けます。
図面を見ながら加工するため、実物と同じ配置にすると作業者に分かり易くなります。

 

 

特徴の無い部品の正面図

 

特徴が無く機能面を表す面も存在しない部品の場合は、あなたの主観で正面図を決めることになります。
特にこれが正解というものはありません。図枠や見やすさを考慮して配置すると良いでしょう。

 

あなたは製図についてこのような不安がありませんか?


「何から描いていいのかわからない・・・」
「寸法はどう入れるの?図面記号の意味がわからない・・」


すべての「モノ」は図面をベースに作られます。
そのため、設計者にとって製図は必ず身につけるべき重要スキルです。


もし仕事を進める上で、誤った指示の図面を描いてしまうと・・・


× 読み間違いによるミスが発生する
× 加工費が高くなる、メンテナンスができない


といったような、さまざまな問題を引き起こしてしまいます。


このような問題を引き起こさないためにも
「若手設計者」は、まず最初に製図スキルを身につけることが求められます。


ただ、製図は大学で学ぼうと思うと数十時間かけて学ぶため
初心者が基礎からすべてを学ぼうと思うと現実的に無理があります。


そこで、ものづくりウェブでは、
初心者でも "短期間でやさしく学べる" 動画講座(eラーニング)を制作しました。


こちらはすでに700名以上の方が受講され、
200社以上の法人様が採用している、実績のある人気講座です。


こちらの講座を学ぶことで


○ 平面から立体へ、立体から平面へ図形を想像できる
○ 日本産業規格JISで規定されたさまざまな記号の意味を理解できる
○ 設計意図に応じて適切に寸法や公差、各種記号を部品図に配置できる


といった、さまざまな効果が期待できます。



<お客様の声>

■ R・F様(30代男性)「商用車用廃棄系触媒コンバータ」の設計


悩み
問題があまりない箇所と苦手な箇所があるので、製図の基礎固めをしたかった。幾何公差、溶接が多く使われていて、かつ、苦手意識もあったため解消したかった。
成果
製図の基礎固めができた。苦手意識があり、多く使われていた幾何公差および溶接についても図が多く使われていたためイメージがわきやすく、理解できました。

■ K・I様(50代男性)「電子部品の組立・検査治具」の設計


悩み
40歳になって初めて製図業務に携わり、周りに誰も図面を描く人がいないまま、独学で図面を書いていたので、何が正しいのかがわからない状況で不安がありました。


成果
今まで理解ができなかった、寸法公差や幾何公差、表面性状についてよく分かりました。

■ S・N様(20代女性)「住宅機能金物関係」の設計


悩み
適切な三面図配置や寸法の入れ方が分からない。公差を検討する際に、何に着目すればよいか分からない。


成果
練習問題を解く中では解決できた。「ここを見ればこれが分かる」といったバイブルができた。


こちらは、お客様の声の一部ですので詳しくは案内ページをご覧ください。



▼ 超初心者向け 【eラーニング】
 「"知識0"まったく習ったことがない方でも手書きの図面が描けるようになる」
 → 機械製図超入門講座



『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク