HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

バックラッシとは

バックラッシとは、歯車やボールねじなどを使った機械の操作を行うときに設けられる「遊び」または「隙間」のことです。バックラッシは、バックラッシュとも呼ばれます。

 

 

例えば、歯車の場合、図に示す隙間がバックラッシです。この隙間を設けることによって、歯車がスムーズに動くことができます。

 

 

 

もし、この隙間が無かった場合、歯が干渉したり、負荷が高くなったりして歯車を回転させることに支障がでてきます。

 

従って、適切な隙間を設ける必要があるのです。但し、この隙間はただ大きくすれば良いというものではありません。

 

歯車がある方向に回転しているとき、歯は接触し続けているので隙間の大きさは問題になりません。しかし、一旦停止して逆に回転させたとき、隙間が大きすぎると、歯再び歯が接触するまでに時間が必要になるため、その間に機械が動かない問題がでてきます。

 

また、隙間が大きすぎると機械が作動している最中に騒音や振動の問題が生じることもあります。従って、適切な隙間を設計する必要がでてきます。

 

【関連情報】
歯車について詳しい解説はこちら

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク