HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


焼入れとは

焼入れという言葉の語源は、鍛冶屋さんの職人の間で使用されていた言葉で、刀や刃物などの金属製品を製造する際に使用される技術のことを指します。

 

具体的には、金属を高温に加熱し、急冷させることで、金属の「硬さ」増し、強度や耐久性を高める加工技術です。

 

 

映画やドラマの中で、「焼きを入れたろうか!」といった怖いフレーズが使われることがありますが、これは「痛い目に合わせる」という意味があると思われます。

 

ただし、実際の焼入れとは関係がありません。鍛冶屋さんが作業中に気が緩んだりしている状況などで、「もう一度集中して仕事をしよう」という意味で使われるフレーズです。しかし、このフレーズが鍛冶屋さんが使う「焼入れ」という言葉からきていることは、一般的に言われています。

 

焼入れの方法

焼入れは、鋼を高温に加熱して鋼の組織の構造が変化する点以上の温度(変態温度)にします。そして、その温度を一定時間においた後、急速に冷却します。

 

 

英語では、hardening(ハードニング)つまり硬くする、あるいはQuenching(クエンチング)つまり急冷するともいい、要するに高温に温めたあと、急冷させて、鋼を硬くすることを目的としている熱処理です。JIS規格ではHQという記号で指示されます。

 

ここで簡単に鋼について説明します。鋼は皆さんがご存知の「」から作ります。鉄は柔らかいので炭素などを加えて硬くします。そして、鋼の硬さの程度は、その鋼の内部に含有されている炭素量によって決まります。

 

また、炭素だけでなく、クロムなどの合金元素によっても硬さに違いが生じます。

 

鋼合金の種類によって必要な冷却方法が異なる理由

鋼合金の種類によっては、適切な冷却を行わなければ、所望の硬さを得ることができないことがあります。

 

例えば、焼入れ性が良い鋼の種類では、冷却媒体を選ぶ必要がありません。空気や油などの冷却媒体でも十分です。

 

一方で、焼入れ性が悪い鋼の種類では、水などの冷却能力が高い媒体で冷却を行わないと、目的の硬さを得ることができない場合があります。

 

 

【関連教材】
予備知識0でも材料選定の考え方、加工方法の知識が身につく!
〜機械材料入門講座はこちら

当サイトの記事は、無料会員登録をすることでPDFファイルで読むことができます。また、印刷することも可能です。設計者に必要となる製図、材料力学、機械要素など全部で18種類のテキストを無料でダウンロードしていただけます。 ダウンロードの詳細はこちらからご確認ください。

機械設計者向け「Eラーニング」好評発売中!

細分化されたMONO塾オリジナルの「ステップ式学習プログラム」<法人採用実績:600社以上




カテゴリーメニュー



スポンサード リンク

焼入れとは 関連ページ

呼び径とは
みがき材とは
きり穴とは
リーマとは
アイボルトとは
耐力とは
焼戻しとは
キー溝とは
偶力とは
製作図とは
黒皮とは
曲げモーメントとは
JIS規格とは
メカトロニクスとは
インダクションモーターとは
バフ研磨とは
打ち抜き加工とは
ISO規格とは
ANSI規格とは
隅肉溶接とは
DIN規格とは
バーリング加工とは
レーザー加工とは
残留応力とは
慣性モーメントとは
旋盤とは
ポアソン比とは
定格トルクとは
動圧とは
静圧とは
マシニングセンタとは
エンドミルとは
ボール盤とは
研削盤とは
せん断加工
ターニングセンタとは
フライス盤とは
NCフライス盤とは
ねじのピッチとは
バックラッシとは
サーボモーターとは
ステッピングモーターとは
皿ばねとは
ばね座金とは
ダブルナットとは
普通公差とは
管用ねじとは
ブラシレスモーターとは
タッピンねじとは
止めねじとは
ボールねじとは
インローとは
圧接とは
開先とは
製缶とは
機構とは
剛性とは
治具とは
すりわりとは
塑性とは
ダイスとは
ブッシュとは
アイドラとは
ノックピンとは
植え込みボルトとは
かしめとは
ザグリとは
センタ穴とは
フックの法則とは
動力とは
真直度とは
平行度とは
平面度とは
真円度とは
直角度とは
位置度とは
円筒度とは
同軸度とは
NC旋盤とは
普通幾何公差