HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

管用ねじとは

管用ねじとは、バルブやパイプなどを接続するときに使うねじのことです。読み方は、「くだようねじ」と読みます。

 

 

管用ねじの規格には、「管用平行ねじ」と「管用テーパーねじ」の2種類があります。

 

管用平行ねじ

管用平行ねじは、ねじ部が平行になっている「ねじ」であり、機械的な締結を目的としたねじです。
管用平行おねじと管用平行めねじの種類があり、どちらも下図のように記号G(旧JISではPF)をつけてねじのサイズを表します。

 

 

管用テーパーねじ

管用テーパーねじは、ねじ部がテーパーになっている「ねじ」であり、パイプやバルブなどに流れている液体が漏れないようにするため使用されます。
おねじは記号R(旧JISではPT)、めねじは記号Rc(旧JISではPT)をつけてねじのサイズを表します。

 

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク