HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

治具とは

治具(ジグ)とは、英語の「jig」の当て字であり、「部品の加工」や「製品の組立」などの際に、工作物を固定し、作業を容易にするために用いられる道具のことです。

 

自動車や家電製品など、同じ製品を大量につくる場合、加工や組み立てで同じ作業を繰り返すことになります。

 

 

例えば、図に示す工作物に穴をあけるために、毎回距離を測定して、穴をあけていては効率が良くありません。

 

 

このようなケースで治具が用いられます。治具を用いることで、毎回同じ位置に穴をあけることができるからです。

 

 

穴あけなどよくある単純なケースでは、市販の治具が使える場合があります。しかし、通常は加工するものに合わせてオーダーメイドで治具専門のメーカーへ依頼して作ることになります。また、企業では、生産技術に所属する技術者が設計している場合もあります。

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク