HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


 

平面度とは

平面度とは、面をどれだけ平らにしたいかを表す幾何公差です。JIS B 0621では、以下のように規定されています。

平面度とは、平面形体の幾何学的に正しい平面からの狂いの大きさをいう。

 

平面度の記号

平面度の記号は、 です。

 

平面度の図示方法

下図は平面度を指示した図です。このように指示された面は、0.05 mmだけ離れた平行の2平面の間になければなりません。

 

 

平面度の測定方法

平面度の測定は、ダイヤルゲージや表面性状測定機、輪郭形状測定機、真円度測定機、三次元測定機などを使って、平面の高さをまんべんなく測定します。

 

 

 

もっと詳しく幾何公差の使い方や測定方法について学びたいという方は、下記の講座をご検討ください。

 

【動画教材】
▼ 設計者・加工者・測定者向け 【eラーニング】
 「若手技術者でも実践的な幾何公差の"使い方・考え方"が身につく!」
 「"設計意図"からどの幾何公差を入れると良いのかわかるようになる!」
 「独学で挫折される方の多い"最大実体公差方式"も理解し使いこなせる」
 → 幾何公差入門講座(全10章)

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク