HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

止めねじとは

止めねじとは、頭のないねじで、ねじの先端を相手の部品に押し付けて固定するためのねじです。

 

 

図のように、部品にあけられた「ねじ穴」に、止めねじをねじ込んでいくと、軸に止めねじが接触します。このとき、止めねじには、軸力が発生しますので、これによって部品が固定されます。

 

ねじの頭にあたる部分には、「六角穴」の他に、「四角頭」、「すりわり」などのタイプもあります。六角穴付きの止めねじの場合、六角レンチを使って締め付けます。

 

六角穴付き止めねじは、「ホーローセット」と呼ばれたり、「いも虫」のような形をしているので、「イモネジ」とも呼ばれたりしています。
ねじ先の形状は、平先、とがり先、くぼみ先、棒先、などの種類があります。

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク