HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

剛性とは

剛性(ごうせい)とは、加えた力に対する、「変形のしづらさ」のことです。剛性が高いと、変形しづらく、剛性が低いと、変形やしやすくなります。剛性は、「こわさ」とも呼ばれます。

 

剛性が低い設計では、さまざまな問題が生じます。余りにも変形しやすい形状では、使いにくかったり、機能を満たさなかったりします。

 

 

設計者は、目的の機能を実現できるように、必要に応じて剛性を高める設計が必要になります。特に、曲げに対する剛性が重要であり、このような知識を身に付けるためには、「材料力学」の基礎知識が必要になります。
材料力学について詳しくはこちら

 

 

●剛性と強度の違い

 

剛性は、強度と全く異なるものです。強度は、材料がもつ抵抗の限界のことです。簡単に言うと、「壊れにくさ」のことです。強度が高いと剛性も高くなるように思えますが、必ずしもそうではありません。

 

例えば、変形しやすくて壊れにくいものとして「バネ」があります。バネは、剛性が低いですが、強度は高くて簡単に壊れません
強度と剛性をきちんと理解しておかなければ、誤った対策をすることになりかねません。

 

材料力学について詳しくはこちら

 

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク