HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


 

位置度とは

位置度とは、データムからの距離や角度がどれだけ狂っても良いかを表す幾何公差です。JIS B 0621では、以下のように規定されています。

位置度とは、データムまたはほかの形体に関連して定められた理論的に正確な位置からの点、直線形体または平面形体の狂いの大きさをいう。

 

位置度の記号

位置度の記号は、円に十字を重ねた形 です。

 

位置度の図示方法

位置度を指示すると下図のようになります。このように指示すると、データム平面Aから反対面までの距離は、50 mm±0.05 mmでなければなりません。このときの公差域は、データム平面Aと平行で、データム平面Aから正確に50 mm離れた平面を中心に、0.05 mmずつ離れた平行2平面になります。中心から0.05 mmずつ離れているので、幅が公差値の0.1 mmになります。

 

 

位置度の測定方法

位置度の測定には、三次元測定機や投影機のほかに、測定顕微鏡や画像測定機も良く使われます。

 

 

円の中心の座標を知りたい場合、円のエッジを3点以上測定すれば、中心を求めることができます。隣の円の中心座標も測定すれば、円の距離が求められるし、部品のエッジからの距離も計算できます。

 

 

もっと詳しく幾何公差の使い方や測定方法について学びたいという方は、下記の講座をご検討ください。

 

【動画教材】
▼ 設計者・加工者・測定者向け 【eラーニング】
 「若手技術者でも実践的な幾何公差の"使い方・考え方"が身につく!」
 「"設計意図"からどの幾何公差を入れると良いのかわかるようになる!」
 「独学で挫折される方の多い"最大実体公差方式"も理解し使いこなせる」
 → 幾何公差入門講座(全10章)

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク