HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


焼戻しとは

焼戻しとは、鋼を「焼入れ」によって、硬くさせた後、再加熱し、硬さを緩和させりことで、より柔らかく、より粘りのある材料に変える加工技術です。

 

※焼入れのことが分からない方は、こちらを参照ください。

 

例えば、侍が使う刀刀は焼入れによって硬くなりますが、同時に脆くもなります。

 

 

そのため、焼戻しは刀を長持ちさせるために必要不可欠です。

 

焼戻しを行わずに刀を使用すると、刀が硬すぎて衝撃によって折れたり、クラックなどが発生しやすい状態になってしまいます。

 

焼戻しによって、焼入れによって硬くなった刀を適切な粘りや強靭さを回復させることができ、刀の使用寿命を延ばすことができます。

 

焼戻しは、英語では「テンパリング」と呼び、JIS規格では、HTと指示されています。

 

基本的に焼入れと焼戻しはワンセットとして取り入れられ、硬くて粘り強い丈夫な製品作りに役立っています。

 

 

また、焼戻しには、低温焼戻しと高温焼戻しの2種類に大別されます。

 

低温焼戻しの場合、150?200℃程度で1時間保持することが条件です。このプロセスによって、硬くて脆い鋼が粘りのある鋼に変化します。

 

高温焼戻しは、550?650℃で焼戻しを行い、保持時間は低温焼戻しと同じ、1時間程度です。強靭性が必要なシャフトや歯車、工具類などに適用されることが多いです。

 

 

【関連教材】
予備知識0でも材料選定の考え方、加工方法の知識が身につく!
〜機械材料入門講座はこちら

当サイトの記事は、無料会員登録をすることでPDFファイルで読むことができます。また、印刷することも可能です。設計者に必要となる製図、材料力学、機械要素など全部で18種類のテキストを無料でダウンロードしていただけます。 ダウンロードの詳細はこちらからご確認ください。

機械設計者向け「Eラーニング」好評発売中!

細分化されたMONO塾オリジナルの「ステップ式学習プログラム」<法人採用実績:600社以上




カテゴリーメニュー



スポンサード リンク

焼戻しとは 関連ページ

呼び径とは
ポンチ絵とは
オイルシールとは
メカニカルシールとは
基準面とは
現合とは
高周波焼入れとは
フェールセーフ設計とは
CAMとは
質点とは
剛体とは
ばね座金とは
焼なましとは
焼ならしとは
浸炭焼入れとは
みがき材とは
きり穴とは
リーマとは
アイボルトとは
耐力とは
焼入れとは
キー溝とは
偶力とは
製作図とは
黒皮とは
曲げモーメントとは
JIS規格とは
メカトロニクスとは
インダクションモーターとは
バフ研磨とは
打ち抜き加工とは
ISO規格とは
ANSI規格とは
隅肉溶接とは
DIN規格とは
バーリング加工とは
レーザー加工とは
残留応力とは
慣性モーメントとは
旋盤とは
ポアソン比とは
定格トルクとは
動圧とは
静圧とは
マシニングセンタとは
エンドミルとは
ボール盤とは
研削盤とは
せん断加工
ターニングセンタとは
フライス盤とは
NCフライス盤とは
ねじのピッチとは
バックラッシとは
サーボモーターとは
ステッピングモーターとは
皿ばねとは
ばね座金とは
ダブルナットとは
普通公差とは
管用ねじとは
ブラシレスモーターとは
タッピンねじとは
止めねじとは
ボールねじとは
インローとは
圧接とは
開先とは
製缶とは
機構とは
剛性とは
治具とは
すりわりとは
塑性とは
ダイスとは
ブッシュとは
アイドラとは
ノックピンとは
植え込みボルトとは
かしめとは
ザグリとは
センタ穴とは
フックの法則とは
動力とは
真直度とは
平行度とは
平面度とは
真円度とは
直角度とは
位置度とは
円筒度とは
同軸度とは
NC旋盤とは
普通幾何公差
フランジナットとは
遊星歯車とは
はすば歯車とは
ラックとピニオンとは
ラジアルとスラストの意味とは