HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等

MONOWEB 注目情報

  • 【Eラーニング教材】 新人設計者教育にEラーニングを活用しませんか?キャンペーン情報はこちらから
  • 【無料テキスト情報】 当サイトテキスト全18冊を無料進呈中-累計50,000名が活用中! ダウンロードはこちらから

ノックピンとは

ノックピンとは、2つの部品の位置を合わせて固定するときに使うピンのことです。ノックピンは2つの部品に空けた穴に打ち込んで使います。

 

 

例えば、図のような2つの部品の回転を止める場合などで使います。部品Aと部品Bは、インロー構造になっていますが、軸を中心に、くるくると回転してしまいます。

 

 

ノックピンを使うと、このような回転を止めることができます。

 

 

ノックピンには平行なピンとテーパーがかかったピンがあります。平行なピンは、断面が円形でストレート形状のピンです。これに対してテーパーがかかったピンは、先端に行くにつれて細くなっているピンです。
それぞれ「平行ピン」や「テーパーピン」という名称がJISで定められていますが、現場では ノックピン と呼ばれることも多いです。

 

 

平行ピンやテーパーピンは、JIS規格で寸法が決まっています。
例えば、平行ピンはJIS B 1354 で規定されています。A種、B種、C種の3種類が規定されています。(なお1988年にJISが改訂されており、旧JISではA種とB種の2種類となっています。)

 

 

また、金型や治具で使われるピンにダウエルピンというピンもあります。ダウエルピンはJIS B 1355またはJIS B 5062で規定されています。

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク