HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


ターニングセンタとは

ターニングセンタとは、NC旋盤をベースに複合的な機能を備え付けた工作機械のことで、「複合ターニングセンタ」や「(旋盤型)複合加工機」とも呼ばれます。

 

 

NC旋盤とターニングセンタの違いは、工具を搭載する回転パレットにドリブンツールと呼ばれるモーターで稼働するホルダが取り付けられていることです。このドリブンツールが搭載されたことで、回転させて使う切削工具であるエンドミルやドリルなどを使用して、フライス加工や穴あけ加工も行うことができます。

 


出典元:株式会社Cominix

 

NC旋盤で加工できない部分は、フライス盤など他の工作機械を利用する必要があり、複雑な加工になればなるほど段取りが増えて、加工者の手間を増やしてしまいます。しかしターニングセンタは、1台で旋盤加工(旋削加工)だけでなく複数の加工を行えるので、生産性の向上や工程の簡素化につながります。

 

【動画教材】
▼ 設計初心者向け 【eラーニング】
 「切削部品の加工方法、検査から設計手法までワンストップで学べる!」
 「実際の加工機械を見たことがない方でもイメージできるようになる」
 「豊富な事例を参考に、手戻り削減、コストダウン設計ができる」
 → 切削部品設計入門講座(全11章)

『無料PDFテキスト』 のダウンロードは今すぐこちらから

機械設計の基礎知識を幅広く学べる 『eラーニング教材』 は今すぐこちらから




無料会員向けテキスト


カテゴリーメニュー



スポンサード リンク