HOME 初めての方へ テキストで学ぶ eラーニングで学ぶ セミナーで学ぶ

ものづくりウェブ 機械設計エンジニアの基礎知識 | 設計・3DCAD・製図・金型等


皿ばねとは

皿ばねとは、形状がお皿のような形をしている「ばね」のことです。力が加わると、平らになる方向に変形して、ばねとしての作用を発揮します。小さな取り付けスペースで利用できます。

 

 

皿ばねの使い方は、図のように同じ向きに重ねたり、異なる向きに重ねたりして、さまざまな荷重の特性をつくることができます。

 

 

また、ねじやボルトを締める際に、部材とねじの間に入れる皿ばねは「皿ばね座金」と呼ばれています。見た目の違いは、ほとんど分かりませんが、皿ばね座金は、ねじやボルトのゆるみ止めとして利用されるものです。

 

当サイトの記事は、無料会員登録をすることでPDFファイルで読むことができます。また、印刷することも可能です。設計者に必要となる製図、材料力学、機械要素など全部で18種類のテキストを無料でダウンロードしていただけます。 ダウンロードの詳細はこちらからご確認ください。

機械設計者向け「Eラーニング」好評発売中!

細分化されたMONO塾オリジナルの「ステップ式学習プログラム」<法人採用実績:600社以上




カテゴリーメニュー



スポンサード リンク